画像を綺麗に拡大できるツール(その1)


 仕事がら、画像を扱うことが多いのだが、クライアントから提供された画像で、解像度の低い画像の場合が多々ある。
 商業印刷では、解像度は原寸で350dpiが基本だ。
 しかし、素人のクライアントは、画像ならなんでもいいと思っている人が多い。WEBサイトに掲載するような、低解像度の画像しかなかったりする。
 印刷できないわけではないが、画素が荒れて、ジャギーのある仕上がりになってしまう。
 Photoshopで無理矢理拡大する手もあるが、エッジがぼけてピンぼけの画像にしかならない。
 画像のイメージを保ちつつ、拡大できるツールはないものかと探すと、いくつかあった。

 ひとつは、商用に販売されている……
「PhotoZoom Pro3」
PhotoZoom Pro3
PhotoZoom Pro3
クチコミを見る

 実際に使ったわけではないが、これはよさそうだ。
 ただ、これだけのために1万~2万はちょっと考えてしまう。
 フリーのものでなにかないかと探すと……
 ……あった。

SmillaEnlarger
SmillaEnlarger プロジェクト日本語トップページ – SourceForge.JP

SmillaEnlarger は、(Qtベースで) リサイズのための、小さなグラフィカルツールです。特に、ビットマップを高品質に拡大することができます。使用されているアルゴリズムは、独自に発明したものです。

 さっそくダウンロードして使ってみた。

これはいい!
 欲をいえばキリがないが、ジャギーでギザギザの画像が、クリアに拡大できる。低解像度のまま使うよりはマシである。
 これはオススメだ。

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn