今朝の通勤電車でのこと。
 埼京線で池袋から新宿に向かう電車に乗っていた。
 混雑がひどい埼京線だが、このときは超満員というわけではなく、かろうじて前後左右の人と接触しない程度の混み具合だった。

 iPodでイヤホンをしていたのだが、高田馬場あたりを通過中に、いきなり隣の人がぶつかってきた。
 電車が揺れたのかと思ったが、そういうわけではなかった。
 周囲がざわつく……

 ふと、視線を下に落とすと、やや頭の禿げた中年男性が仰向けに倒れていた。

え? え? なんだ??

 周りの人たちも、なにが起こったのかわからず、動転している。
 倒れた男性は、口をパクパクさせて、体を震わせていた。

 どうする?
 どうすればいいんだ?
 急患か?
 非常ボタンはどこだ?
 しかし、手の届くところに非常ボタンはなかった。

 なにかをしようにも、なにができるかわからない。
 ギュウ詰めではないものの、混んだ車内だ。屈むこともままならない。
 誰も手を出せないでいると……

男性はむっくりと起き上がった。

 そして、なにごともなかったかのように、ドア前に立ち、外を眺めている……

 はぁ?
 なんなんだ?

 電車が新宿に到着すると、かの男性はそそくさと下車して、人混みの中に消えていった。

 倒れたときは、それが心臓発作、酔っぱらい、失神、脳梗塞……なのか、判断しようがない。
 自力で起き上がったこと、一時的に痙攣していたことから、おそらく「てんかん」だと思われる。
 当人は倒れたことに自覚があったのだろうか?
 だとしたら、なにか言い訳のひとつもいってほしかったものだ。
 一瞬、車内が小さなパニックになったのだから。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア