前述の三軒茶屋にある、石の店に行った。

昨日は仕事の打ち合わせで、三軒茶屋まで行く予定があり、それに合わせて妻がついて行きたいといったためである。

私が渋谷を通過する時間に、妻も会社を出て、三軒茶屋の改札で待ち合わせた。

ひとりでも行こうと思えば行けるはずだが、なにかにつけて私と行動を共にしたがるのだ(笑)。それを友人は仲のいい夫婦というが、そういう問題かい?(汗)

三軒茶屋の地下改札から地上に出て、世田谷通りを環七に向かって歩く。約5〜6分歩くと、モスバーガーがあり、その隣が例の店である。

店の名前は『LAND’S』

あとでわかったことだが、このお店はホームページも開いていた。URLは以下に。

http://www.lands-jp.com/index.html

「ここだよ」と、私は指さした。

妻を店に残し、私はさらに道を進んでE社へと向かう。

打ち合わせは少々長引いて、1時間ほどかかった。

帰り道、『LAND’S』の店内を見たが、妻の姿が見あたらない。終わったら隣のモスバーガーにいるようにといっておいたので、隣も覗く。

(おや? いないな……)

携帯に電話する。だが、コールするだけで留守電になった。

(どこ、いったんや?)

一緒に外出するときに、それぞれの目的のために別行動を取ることがあるが、妻はよく迷子になるのだ(笑)。

近くにペットショップもあったので、もしやと思い覗いてみるが……いない。

もう一度、石の店に行ってみると、陳列棚のうしろから妻が出てきた。陰に隠れていて見えなかったのだ。

店内に入って、妻を呼ぶ。

「おい」

返事がない。

「おい!」

やっと振り返った。熱心に見ていたために気がつかなかったようだ。

「携帯に電話したんだぞ」

「え? 気がつかなかった。音無しにしてたから」

「ずっと、見てたのか?」

「うん、たくさんあるから」

狭い店内には、所狭しと様々な石が陳列されていた。アクセサリーやインテリア感覚のものが多く、女性向きの品揃えとなっているようだ。

小さな石が多く、ちょっとした振動や接触で、石が転げ落ちそうだ。地震がきたらごちやごちゃになって大変だろうなーと思う。地震でなくても、手提げバックが棚に接触しただけでも、商品をぶちまけてしまいそうだ。

私は肩から下げていたバッグを手に持ち替え、用心しながらざっと店内を見てまわる。

加工されてリングやハート、球形になっているものが多いが、私は原石のままの状態のものに興味を引かれた。

妻はというと、いくつかの商品をピックアップして、レジの前にストックしていた。リングのサイズ直しも注文したようだ。

レジには、無口だがいかにもマニアックな風貌の中年男性がいた。おそらく店長だと思ったが、のちにホームページを見て、それを確認した。趣味が高じて店を開いたという、典型的なタイプなのだろう。

一通り店内を見た私はいった。

「まだかかりそうか? かかるなら隣のモスバーガーで待ってるぞ」

「もうちょっと」

「もうちょっと、1時間か?」

「そんなにかかんない」

妻のもうちょっとは、ちょっとではないことが多いからだ(笑)。

それでもさらに十分は経った頃、ようやく商品選びが終わり、支払いをして店を出た。

「どのくらい、いたのかな?」と妻。

「だいたい1時間だろ」

「そんなに? ぜんぜん飽きなかった」

そうだろうさ。私だってモデルガンの店とかCDショップに行けば、数時間は夢中になってるよ(笑)。

帰りの電車の中で、うれしそうに買った石を手に取っている妻であった。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア