ファクターXを突きとめろ!(その4)血液O型は低リスク?

ファクターXを突きとめろ!(その3)」のつづき。

ファクターXを突きとめろ!(その4)血液O型は低リスク?

ファクターXの5つ目の候補が出てきた。
それは、日本人が大好きな血液型だ(^_^)b
これ、ウケそう。

血液O型は低リスク? コロナ感染率、75万人調査―米社:時事ドットコム

米カリフォルニア州を拠点とする個人向け遺伝子検査サービス会社「23アンドミー」は8日、血液型がO型の人は新型コロナウイルスに感染する「リスクが低い」との暫定的な研究結果を発表した。血液型を決定するABO遺伝子の差異が感染のしやすさに影響している可能性があるという。

同社の研究に参加した75万人以上のデータによると、O型の人は他の血液型の人に比べて、新型コロナへの感染率が9~18%低かった。年齢や性別、民族のほか、基礎疾患の有無や肥満度などの違いを考慮しても同様の結果が出たという。一方、O型以外の血液型の間に統計的な差はなかった。

23アンドミーは「他の全ての血液型と比べ、O型は()ウイルスから守られているようだ」と指摘。「研究はまだ極めて初期段階にある」として、参加者を増やして研究を継続する方針を示した。

これを「血液型関係仮説」としよう。

O型の感染率が低いそうだが、日本での血液型別の割合は……
A型が38.2%、O型30.5%、B型21.9%、AB型9.4%
……だそうだ。
ちなみに、私はO型。

だが待てよ。

  • 日本と同様にA型が多いのは、、ドイツ、ハンガリーなど。
  • B型が最も多いのはインド。
  • O型が多いのは、アメリカ、、オーストラリア、スコットランドなど。
  • 中南米は特にO型の比率が高く、コロンビアとベネズエラではO型が100%!

……と、O型有利ということでは、アメリカの感染者数・死者数の多さと相反しているように思える。
コロンビア(感染確認数40,719人、死者数1,308人)と、ベネズエラ(感染確認2,473人、死者数22人)では、ベネズエラは少ないもののコロンビアはちょっと多い。コロンビアは人口が4965万人なのに対して死者数1,308人なので、対人口比率でいうと多くなっている。

血液型関係仮説」は、一因だとしても決定的要素ではないように思う。
やはり、ファクターXは複合要因で有効になるのではないだろうか。

ともあれ、ファクターX候補は5つになった。

  1. BCG有効仮説
  2. 普通の風邪免疫仮説
  3. アレルギー物質影響仮説
  4. 遺伝形質差違仮説
  5. 血液型関係仮説

ファクターXを突きとめろ!(その5)に続く。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア