散歩道の秋(2022年)Part-5

LINEで送る
Pocket

 Part-4に引き続き、散歩道の秋。

 一眼レフのカメラで、ファインダーを覗いているときは、無意識に構図を考えているんだよね。切り取られる画面の中に、安定感のある構図を探している。それは直感的なもので、それが見つかるとシャッターを切る。

 サ行いきます。

▼サルビア・ガラニチカ(メドーセージ)

サルビア・ガラニチカ(メドーセージ)

サルビア・ガラニチカ(メドーセージ)

サルビア・ガラニチカ(メドーセージ)

サルビア・ガラニチカ(メドーセージ)

サルビア・ガラニチカ(メドーセージ)の蕾

サルビア・ガラニチカ(メドーセージ)の蕾

サルビア・ガラニチカとクロスキバホウジャク

サルビア・ガラニチカとクロスキバホウジャク

 サルビア・ガラニチカの日本の流通名がメドーセージだという。本来は外来種であり、園芸品種だが、誰かが植えたとは思えないようなところにも多く見られるようになっている。野草化しているともいえる。
 4枚目は、蛾のクロスキバホウジャクが飛んできたので、一緒に撮った。

▼シモツケ

シモツケ

シモツケ

 マンションなどの道路に面した部分の花壇に、庭木として植えられることが多い。

▼ジュウガツザクラ(十月桜)

ジュウガツザクラ(十月桜)

ジュウガツザクラ(十月桜)

 その名の通り、10月の今、咲いている。春と秋の二度咲きをする。これは公園に植えられている。

▼シュウメイギク(秋明菊)

シュウメイギク(秋明菊)

シュウメイギク(秋明菊)

八重咲きのシュウメイギク(秋明菊)

八重咲きのシュウメイギク(秋明菊)

 1枚目は、花のクオリティが低いので写真としてはボツ対象だが、「こんなのがあったよ」的な写真なのでOKとする(^^)。

▼ジュズダマの実

ジュズダマの実

ジュズダマの実

 まぁ、普通の人は、こんな植物の写真は撮らないよね。マニアックな世界(^^)。

▼シラカシの実

シラカシの実

シラカシの実

シラカシの実

シラカシの実

地面に落ちたドングリ

地面に落ちたドングリ

 いわゆるドングリ。1枚目はまだ実が青く、2枚目は茶色に色づき、3枚目はすでに地面に落ちていた。それぞれ場所は違うが、半径5km以内だ。

▼シロツメクサとヤマトシジミ

シロツメクサとヤマトシジミ

シロツメクサとヤマトシジミ

 シロツメクサは春〜夏の花だが、暑い日が続いていたためか少数ながらまだ咲いている。季節外れといえば、今回は撮っていないが、セイヨウタンポポも咲いていたりする。

▼ススキ

ススキ

ススキ

 ススキは季節の象徴にもなっているから、撮られることの多い被写体だね。

▼セイタカアワダチソウ

セイタカアワダチソウ

セイタカアワダチソウ

 既出だが、自然の黒バックの中でいい具合に際立っていたので単体で撮ってみた。背景が黒いのは、公園の林の日陰になっているところ。

▼セイヨウスイレン

セイヨウスイレン

セイヨウスイレン。善福寺公園にて。

▼ゼラニウム

ゼラニウム

ゼラニウム

 歩道に置かれた花壇より。

▼センダングサとキチョウ

センダングサとキチョウ

センダングサとキチョウ

 枝分かれする茎と花と蝶(キチョウ)の、自然の造形が美しいと思いませんか? フラクタルと偶然性の美だと思う。

 ……ということで、サ行はここまで。
 タ行に続く

(Visited 81 times, 1 visits today)