Appleを騙る偽メールに注意


Appleを騙る偽メールが来ていた。
パッと見はそれっぽいので、うっかり信用してしまいそうなメールだ。
以下が、そのメールのスクリーンキャプチャ。

Appleを騙る偽メール

Appleを騙る偽メール

文中にあるリンク先は、「kevindoyleart.com 」というドメインになっていて、アップルではないので一目瞭然。
だが、HTMLメールで見ているとドメインが隠れるので、気がつきにくくなっている。

Appleでは、この手のメールについての注意喚起をしている。

フィッシングメール/テキストメッセージを受信した場合

  • 送信者のメールアドレスや電話番号が、正規の会社の名前と一致しない。
  • 正規の会社に登録してあるメールアドレスや電話番号とは異なるメールアドレスや電話番号に連絡が来た。
  • 「お客様各位」など、メッセージの挨拶部分が一般的な表現になっている。正規の会社の多くは、お客様個人宛てのメッセージにはお客様本人の名前を記載します。
  • 一見正規のリンクに見えるが、正規の会社の Web サイトのアドレスとは異なるアドレスの Web サイトにジャンプする。
  • メッセージの見た目が、正規の会社から届いたほかのメッセージと大きく異なっている。
  • クレジットカードやアカウントのパスワードなどの個人情報を要求される。
  • 思い当たるふしのないメールにファイルが添付されている。

……ということで、注意されたし。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア