自宅でWEBサーバー計画


 現在、私のドメイン(isayama.info)は、レンタルサーバーを使っている。
 ほかにもドメインを5つ持っているが、1つは取得しているだけで休眠状態で、残りはやはりレンタルサーバーを使っている。
 つまり、5つのレンタルサーバーがあるわけだ。

 1つ1つのレンタル代はたいしたことはないが、5台分なので総額は年額で7万円ほど。
 それでも安い方だが、1つのサーバーに統合して、コストをさらに安くしたいと考えている。
 そのためには、サーバーとしては1つだが、ドメインを複数管理できるサーバーが必要になる。
 また、管理を一元化できるのもメリットだ。

 そこで自宅でWEBサーバーを構築しようか……と考えている。
 MacintoshをWEBサーバーとして使う方法だ。
 OSは、 OS X Server。
 ソフトとしてのMAC OS X Serverは5万2000円。
 まぁ、これはしょうがないとしても、問題は固定IPアドレスの取得と、ハードとしてのMacintoshの費用。
 専用のXserveは、魅力的なサーバーではあるが、40万ほどするのでそんな贅沢なマシンは必要ない(^^;)。
 中古のG4やG5でも十分なのだが、スペック的にはCPUが1GHzは欲しいし、メモリは1GB以上は欲しい。……となると、15万前後はする。
 固定IPは、プロバイダにASAHIネットを使っているため、そこなら1つのIPアドレスを初期費用525円だけで使える。1つでも使えなくはないのだが、運用を考えると8つは欲しい気がする。そうなると、8つ提供してくれるプロバイダの安いところは、月額で少なくとも5000円~7000円はかかる。

 これでは自宅でWEBサーバーが、高くついてしまう。
 とはいえ、容量制限はないし、ドメインも自由に使えるし、なによりも自前のサーバーがあるという魅力は捨てがたい……。
 しかし、コスト的には、候補として考えていたディスク容量が2GBのレンタルサーバー(80code.comホスティング・レンタルサーバー)の方が、ずっと安くなるという現実もある。ここを使えば、5つすべてを移転しても、年額5760円なのだ。
 実用的なことを優先すれば、上記のレンタルサーバーの方が簡単だしコストも安い。
 さて、どうしたものか……。

 MAC OS X Serverの運用ガイドを読みながら、いろいろと思案している。
 ようするに、私はWEBサーバーを自分で構築する、そのプロセスに魅力を感じているのだとわかった(^^;)。
 現実的なコストを取るか、趣味としてのWEBサーバー運用を取るか、という二者択一だ。
 さて、どうしたものか……。
 しばらく、悩みそうである。

 ちなみに、MAC OS X Serverの運用ガイドの参考書は以下。

Mac OS X Server 10.4 実践ワークグループ&インターネットサーバ構築
Mac OS X Server v.10.4運用ガイド

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn