U-23日本代表、アジア大会——
 負けた。
 ほとんど自滅だった。
スポーツナビ | ニュース | あまりに手痛い敗戦 日本、ドーハでまた悪夢

 アジアの厳しさが骨身に染みた今大会。北京への道のりも決して平たんではなさそうだ。日本サッカー界にとって、悲劇の地として記憶されるドーハ。あれから13年、この地で若き日本代表も悪夢に見舞われた。

 政治とスポーツは別物だとはわかっているが、なにかと日本とは因縁のある北朝鮮には、負けてほしくなかった。
 独裁者を喜ばせてどうする?

 いままで反町監督で不敗だったのが災いしたのか、どこか楽観視していた空気があるようにも思う。
 前半までは、その空気がいい方向に働いていた。

 後半、勢いはあるものの、決定的な場面を作れなかった。
 いいところまでボールをもっていくのに、シュートができない。
 日本の戦い方は、なぜか誰かにパスすることを第一に考えるようだ。
 そのため、ミドルシュートは少ない。
 自分で持ちこんでシュートしようとする気迫が乏しい。

 また、相手からの反則の取り方も稚拙だ。
 北朝鮮は、あきらかにシミュレーションだと思われる倒れ方で、ペナルティキックを得ていた。
 そのフリーキックからの失点だ。
 結局、泥臭さというか、どん欲さというか、闘争心が不足しているんだろう。
 残念というより、むなしい敗北だった。

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn