マイタケ狂騒曲


マイタケ

©kariphoto / Shutterstock

スーパーから「舞茸(マイタケ)」が品薄になっている。
日々の食事を作る私は、毎日、会社帰りにスーパーに立ち寄り、晩飯の食材を買って帰る。
マイタケは、味噌汁の具として重宝していたので、いつも買う定番でもあった。

それがここ最近、いつも売り切れだったのだ。
なんで?……と思っていた。
キノコ類の中でも、マイタケは安いけれども人気の高いものではなかった。キノコの人気ランキングをすれば、おそらく下位の方であまり人気はないだろう。
だから、いつもは売れ残っていたのだ。

それが消えた。

どうやら、テレビ番組で取り上げられ、「舞茸トマト茶」がダイエットになるとかいう情報が流れたらしい。

ああ、またかよ。

過去、納豆だの、バナナだの、なになにがいいとか、テレビで取り上げられるたびに、特定商品の特需が発生してきた。
どれもこれもダイエット絡みだ。

つまり、多くの人が、せっせとマイタケ茶を作っているのだ(^_^)。
笑える光景だ。
そんなに簡単にダイエットできるのなら、世の中から肥満はいなくなるよ。
メデタシ、メデタシ(拍手)

数か月後には、街を歩く人たちは、みんなスリムになっているのだろう。
がしかし。
そんなことにはならないのだ。
大部分の人が、挫折するか、効果がなかったとマイタケ茶を作るのをやめる。

ダイエット情報に踊らされるテレビ視聴者諸君。
いいかげん学習しなよ。
特定の食品をたくさん食べたからって、ダイエットにはならないのだよ。

マイタケ特需も、数週間後には終息する。
そして、また売れ残りキノコに逆戻り。
そして、うちの食卓にマイタケの味噌汁が復活する(^_^)。

追記(2018/10/2)
どうやらマイタケブームは終息した模様。
約1か月のマイタケ狂想曲だった。
みなさん、ダイエットできたかな?
スーパーのマイタケコーナーは、以前の状態に戻り、私が会社帰りに立ち寄るときには、売れ残っている(^_^)。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア