「テキストサム損傷」って…どんだけスマホ依存なんだよ

LINEで送る
Pocket

スマホを使っていると、指が変形するとか。

スマホを小指に乗せて持つ人は注意! あなたも「テキストサム損傷」になっているかも…… – ねとらぼ

 「テキストサム損傷」とは、スマートフォンの長時間使用が原因で、指の形が変わってしまったり、しびれや痛みを感じたりする症状のこと。ツイートが拡散されると、「おれテキストサム損傷だった……」「もうなってる」「時すでに遅し」など、「おれもおれも」と次々と報告が寄せられました。

▼ドコモ公式サポート

テキストサム損傷

テキストサム損傷

スマホの大型化の弊害なのかもね。
というか、どんだけスマホに依存してるんだよ……といいたくなってしまう。
相変わらず歩きスマホは多いし、電車の中ではほとんどの人がスマホを手にしている。
みんな、中毒だよね。

調べてみると、海外では2011年頃から指の変形症状がみられるようになったようだ。
テキストサム損傷」は、別名「反復運動過多損傷」というそうだ。

スマホの使いすぎは、「テキスト・サム損傷」になります。 – 姫路市で整体は満足指数No.1の「整体院 みどり健康館」

このテキスト・サム損傷にならないようにするには、スマホの1回の利用を40分以内に、1日トータルで5時間以内に抑えるのが推奨されています。

1回40分、1日5時間……というのも、けっこうな時間な気がする。
私は1回1分、1日10分くらいしかスマホは手に持ってないと思う(^_^)。サクッとメール打つだけだから。スマホで、LINEとかTwitterとかFacebookはやってないし。

また、「テキスト・ネック」というのもあるそうだ。

あなたは大丈夫?スマホの使い過ぎで起きる病気 | AppWoman

前かがみになってスマホを長時間操作していると危ないのが「テキスト・ネック」。首の張りや頭痛、肩の痛み、ときには腕や手の痛みなどの症状などが出て、発生した痛みは、その後一生続く場合があるそうです。

現代病ともいえるが、なにごともほどほどに、ということだね。

(Visited 72 times, 1 visits today)