ビクターのテレビ用バースピーカーシステムにちょっと注目


 新製品ニュースに気になるものがあった。
 テレビ用のサラウンドスピーカーだ。

iPod/iPhoneも聴ける:ビクター、テレビ用バースピーカーシステムを3モデル発表 – ITmedia +D LifeStyle

 SRS社の最新サラウンド技術「SRS StudioSound HD」を採用し、フロントに配置したスピーカーだけで、臨場感のある音場空間や低音、そしてセリフの聞き取りやすさなどを実現する。スピーカーは8センチメートルのコーン型ウーハー×4、2.5センチメートルのバランスドーム型ツィーター×2を配置し、30ワット×2chのデジタルアンプで駆動する。

 ……ということで、なにより魅力的なのは価格設定。
 HDMI端子を装備した、「TH-BC3」で3万6000円前後だという。
 このくらいなら、手を出しやすい。

 バースピーカーシステムとしては、YAMAHAの「YSP-4100」の方が性能的にも優れているようだが、値段は14万円くらいする。
YAMAHA デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-4100
YAMAHA デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-4100
クチコミを見る

 「YSP-4100」まで本格的ではないにしても、もともとのテレビの貧弱な音よりもマシなものにしたい……と思っている。
 現状は、PC用の外部スピーカーをテレビのヘッドホン端子から出力してつないでいる。
 とりあえずの間に合わせだ。
 これだけでも、テレビのスピーカーよりはマシになっている。

 財布の余裕にもよるが、ぜひとも買いたい製品の候補に入れておこう(^_^)

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn