Mac批判広告の舞台裏の気になる画像


グラフィック関係での仕事現場では、昔からMACが使われてきた。
最近でも、それはあまり変わっていない。
マイクロソフトの広告であっても、それを作っているデザイナーはMACを使っているというのも、昔からいわれていた。
そんな記事。
「マイクロソフトのMac批判広告」はMacで作成(画像) | WIRED VISION

以下の写真は、広告代理店Crispin Porter + Bogusky社のオフィスを撮影したもの。Macコンピューターとそのユーザーをバッシングする広告が、実はMacで制作されていることを示唆するものだ。

と、ここに紹介されている写真で気になったのは、スタッフが来ているTシャツの漢字だ(^_^)

「鬼畜米兵」と書いているように見える。
着ている本人は、その意味がわかって着ているのだろうか……と思った。

そこの部分を拡大して、文字が見やすいように処理したのが、以下の画像。

「鬼畜米兵」のTシャツ

「鬼畜米兵」のTシャツ



やっぱり、そう読める(^_^;

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア