たくさんの嘘とわかる答弁をし、説明責任を果たさない安倍首相。
新型コロナに対する国民への呼びかけも、空々しく説得力がなかった。
すっかり信頼感が薄れてしまった感がある。

そんな安倍首相に対する皮肉が……

小泉今日子が安倍首相に向け強烈ツイート「こんなにたくさんの嘘をついたら、本人の精神だって辛いはずだ。政治家だって人間だもの」#さよなら安倍総理も添付 /  中日スポーツ

小泉は黒川氏の処分について法務省は懲戒としたものの、首相官邸が実質決定し軽い訓告処分となった記事をツイッターに添付。そのうえで安倍首相に対して「こんなにたくさんの嘘をついたら、本人の精神だって辛いはずだ。政治家だって人間だもの」と思いをつづった。

嘘をついて辛いと思えるのは、「良心」がある場合だ。
嘘をつくことの罪悪感は、良心があればこそ。
しかし、良心がなければなにも感じない。

安倍首相が平気で嘘をつき続けられるのは、良心がショートしてしまっているからだと推察する。
良心がない……とまではいわないが、良心のブレーキが効きにくくなり、罪悪感を感じにくくなっていると思われる。

これは、もはや病気である。
反社会性パーソナリティ障害」に該当する。

嘘つきは心の病気?その心理と特徴・症状 [メンタルヘルス] All About

反社会性パーソナリティ障害の発症率は人口のおよそ1~3%前後。性差は男性に多くなっています。反社会性パーソナリティ障害では、社会的規範に対するモラルが深刻に低下し、平気で嘘をつくといった問題行動が起きやすくなります。

首相を追及する野党やマスメディアは、首相に反社会性パーソナリティ障害の可能性があることを念頭に置いた方がいい。そうじゃないと、精神障害のある人を追い詰めていることにもなってしまう。一歩間違うと、病気である人の差別にもつながる。

過去の発言を忘れていることもあるようなので、記憶障害も疑われる。
野党は首相を責めるのではなく、適切な治療を受けるように進言した方がいいのではないか?

安倍首相夫人の問題行動も話題になるが、夫人にも同様の傾向が見られる。勝手気ままなのではなく、周囲の反応や自分の行動に対して、自制が効かなくなっているようだ。

年齢的に、そろそろ認知症が出ている可能性もある。
辻褄の合わない言動や嘘、記憶の混濁、発話の不自然さなど、認知症の初期症状を思わせることも見受けられる。

このまま安倍首相に重責を背負わせ続けていいのか?
政権交代は無理だろうが、首相交代の時期にはなっていると思う。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア