W杯第3戦、ポーランド戦。
なんとも後味の悪い試合と結果だった。

試合は負けたが、グループ勝ち抜けのルール上は、2位通過。
しかも、イエローカードの差、という前例のない(?)ケースとなった。

「アキラ・ニシノは勝者として胸を張っていい!」 スペイン紙が日本のGL突破を評価【ロシアW杯】 | サッカーダイジェストWeb

「セネガルは“2枚のイエローカード”によってワールドカップを奪われた。アリウ・シセ監督のチームは、グループリーグをフェアプレーポイントで敗退した初めてのチームとなった」

首の皮一枚とはこのことだろう。
同時刻に行われていた、 vs. セネガルは、アディショナルタイムがやや長かったため、日本 vs. ポーランドの方が先に試合が終了していた。

ギャンブルだったね。

残り1分で、セネガルが同点に追いつく可能性もあったわけで、ヒヤヒヤものの決勝トーナメントへのチケットだった。

この大会では、日本は異例づくしだ。
監督が訳のわからない理由で直前交代するし(日本としては)、選手選考には首を傾げるし、初戦は予想に反して南米チームに初の勝利をあげるし(公式戦で南米に勝利は)、苦手のアフリカチームとは善戦してドローだし(3大会連続得点の本田は、アジア)、3戦目は6人も入れ替えて主力を温存するリスクをとり、なおかつイエローカードの僅差(フェアプレーポイント勝ち抜けは)。アジア勢ではとなる3度目の決勝トーナメント。

いったい、いくつの「」をやらかしてくれるのか?(笑)

面白い。
たしかに、意外性があって面白い。

主力を温存するリスクを取ったのだから、次の16強対決でのベルギー戦で勝たなければ、この策は実を結ばない。

ベルギーとの過去の対戦成績は、2勝2分1敗ということで、五分五分に一歩足りない。とはいえ、テストマッチとは話が違うから、難しいことに変わりはない。

ともあれ、決勝トーナメントに進出したことは、おめでとう(笑)
来週(7/2、27:00)も、楽しみが続くことはうれしい。

 

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア