夢の時間が終わった。

4年ごとに訪れる、熱い夏。

4年間待った、この時間。

今日は、うだるような猛暑だ。

暑い、暑い、暑い……

太陽はこんなにまぶしかったっけ?

睡眠不足のせいか?

目はさえているのに、やたらとけだるい。

じっとしていても、汗がだらだら流れていく。

歩くのがだるい。なにかを考えるのが面倒だ。

いま、眠ってしまえば、夢の続きを見られるだろうか?

そうだ、もう一度、時計を巻き戻して、夢を始めから見よう。

テレビでは、試合のプレイバックが繰り返し流されている。

それはまるで拷問のようだ。見たいのはその時間じゃない。

頼む、やめてくれ。見なきゃいいのに、見てしまう。

崩れた砂の城は、波にさらわれてしまった。

季節の夏は、これからが本番だが、日本チームがいるワールドカップの夏は終わった。

4年後に向けて、新しい時計は動き始めた。

コツコツ、コツコツ、再び4年の時間を堪え忍ばなくてはならない。

また、夢を見るために。

今度こそ、最高にいい夢であることを信じて。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア