攻殻機動隊 SAC_2045 シーズン2|Netflix

LINEで送る
Pocket

攻殻機動隊 SAC_2045 シーズン2|Netflix

2が配信されたので、全12話を一気見した。
感想はシーズン1と同じ。

CGキャラが下手くそなのは、相変わらず。

これについては、一緒に見た妻も同意。CGについて詳しくない彼女でも、違和感を感じるほどなんだ。

根本的な問題が解決されてない。
ぎこちない演技と表情欠乏症は、没入感を著しく阻害している。
少しはするかと思ったが、してないなー。
使いこなせないCGキャラなら、手描きに戻してほしいものだ。

人間のCGキャラはぜんぜんダメなんだが、なぜかタチコマの動きの方が生き生きしている。タチコマはモーションキャプチャーではないから、CG担当者が演技をつけているわけで、そこに手描きアニメと同等の性が感じられる。

なまじモーションキャプチャーに頼っているから、本来あるべきができていないのかもしれない。削減の手段でもあるんだろうけど。
NetflixにはほかにもCGアニメがいろいろとあるが、たとえば「ラブ、デス&ロボット」なんかでは、じつに生き生きした人物描写になっている。
同じくNetflixオリジナルなので、条件的にはそれほど違わないだろう。それでいて、この差はレベルが数段違う。

監督は「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」(以下、SAC)と同じ、神山健治氏が名を連ねているが、手描きだったSACと比べて、クオリティはかなり低い。
また、ストーリー的にもSACの二番煎じ的な感じで、新鮮味が乏しかった。
制作のProduction I.Gも、してきたのか?……と、心配になってしまう。

SAC_2045は、とりあえずシーズン2で終わったようだが、もし次の攻殻を作るのなら、もっとクオリティの高い作品にしてくれ。
このレベルでは、攻殻らしくないし、見るに堪えない。

(Visited 112 times, 1 visits today)