「ロスト・イン・スペース」シーズン3

LINEで送る
Pocket

長く待たされた感があるが、「ロスト・イン・スペース」3がされた。
シーズン2の最後が2019年12月24日だったので、約2年ぶり。
コロナの影響もあったのだろうが、2年のブランクは長かったね。途中で打ち切りになる作品も多いので、の決着をつけたのは評価したい。

関連記事「SFドラマ「ロスト・イン・スペース」のシーズン3は2021年に

シーズン3は全8話と短め。しかも、一挙公開。
なので、一晩で一気見した。
いろいろと伏線を回収し、謎も明かされ、とりあえず納得の最終シーズンだった。

ロスト・イン・スペース

主役であるウィル・ロビンソンを演じたマックス・ジェンキンズ(16歳)は、シーズン1〜2ではあどけなさの残る子供だったのが、シーズン3では成長して背も伸びていた。別人が演じているかと思ったら、配役は変わっていないようだ。

SF作品では重要となる、未来を感じさせるセットやとSFXは、なかなかに素晴らしい。では一瞬しか出てこないのに、細部まで作りこまれているのがわかる。
とはいえ、ツッコミどころもある(^^)

たとえば、墜落した宇宙船を自力で修理して、再び飛び立つとか。
いや〜、あそこまでボロボロになった宇宙船を手で修理できるのか?
現代でいえば、大破した車を自分で修理できるか……というレベルの話。
そのへんはご都合主義ではある。

毎度思うのだが、海外(おもにアメリカ)のSFドラマはクオリティが高い。
Netflixの予算も潤沢なのだろうが、並みの金と手間をかけている。そこは日本が太刀打ちできないところ。

日本にはアニメがある……といいたいところだが、最近の作品は停滞感というかパターン化してしまって、斬新な作品はあまり出てきていない。量産はされているが、飛び抜けて面白い作品が少ない。

ともあれ、楽しみにしていたシリーズが終わってしまって、残念ではある。見ているときは、その世界にどっぷりとはまってしまう。
このところ未見だったSFドラマシリーズを、Netflixで見まくっている。物語中毒というかSFドラマを見たくてしょうがない。
それらについても、おいおいレビューしようと思う。

(Visited 246 times, 1 visits today)