こんな日が来るなんて、1か月前までは夢想するだけだった。
 戦前の予想では、多くの人が決勝トーナメントに進めるなんて思っていなかった。
 3戦全敗という、最悪のシナリオを覚悟していたからだ。
 それだけ、W杯直前まで、日本チームは不調だった。

ありがとう!
感動しちまったぜ!

 スポーツで感動することは、それほど多くはない。
 オリンピックとか野球のWBCとか、国際大会だからこそ、スポーツの感動があるのだろう。
 そこに、サッカーのワールドカップが加わった。

 選手のインタビュー、新聞やWEBの記事をいろいろと読んでいて、勝利の余韻に涙が出てくる。
 まだ16強に入っただけだが、それすらも届かないと思っていたから、大きなサプライズでありプレゼントだ。

 少なくとも、あともう1試合、日本の戦いが見られる。

 より厳しい戦いになることは明白だが、あと何試合、興奮させてくれるのだろうか?

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア