わが家の最年長猫は、黒猫の「Bチャン」
 平成と同じなので、今年で18歳になる。
 人間の18歳は青年だが、猫は人間ほどには長生きしないので、人間に換算するとかなりの高齢なのだ。
 では、どのくらい違うかというと、以下のような換算方法があった。

猫の年齢の換算法

ネコの年齢 人間の相当年齢 換算式(齋藤式による)
1週目 5ヶ月

成長期

生後12ヶ月を20歳とみなす。

2週目 10ヶ月
3週目 1歳3ヶ月
1ヶ月 1歳8ヶ月
2ヶ月 3歳4ヶ月
3ヶ月 5歳
4ヶ月 6歳8ヶ月
5ヶ月 8歳4ヶ月
6ヶ月 10歳
7ヶ月 11歳8ヶ月
8ヶ月 13歳4ヶ月
9ヶ月 15歳
10ヶ月 16歳8ヶ月
11ヶ月 18歳4ヶ月
1年 20-21歳
2年 27歳

成人期

ネコの年齢 x 6 + 15

3年 33歳
4年 39歳
5年 45歳
6年 50歳

中高年期

ネコの年齢 x 5 + 20

7年 55歳
8年 60歳
9年 65歳
10年 70歳
11年 74歳

高齢期

ネコの年齢 x 4 + 30

12年 78歳
13年 82歳
14年 86歳
15年 90歳
16年 93歳

老齢期

ネコの年齢 x 3 + 45

17年 96歳
18年 99歳
19年 102歳
20年 105歳

 なんと、猫の18歳は人間並みに換算すると、99歳である。
 Bチャンとは私の人生の半分近く、5分の2ほどを共に過ごしてきた。
 そんな猫だが、できるだけ長生きしてほしいものだ。
 とはいえ、猫の寿命は人間より短い。
 Bチャンは、今年になって急激に老け込んできた。去年までは17歳とは思えないほど肉体的にも衰えを感じなかったのだが、ここへきて衰えが顕著になってきた。
 食が細くなり、ガリガリにやせて、怪我をすると快復にかなりの日数を要するようになった。
 そろそろ……、そういう時がくるのかもしれない……
 その日が、できるだけ先であることを、願うばかりなのだが……

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア