散歩クエスト、ACT.6「光が丘公園」編を公開。
連休中の撮影だが、今回は、うちから近い公園にて。
特にイベントはないのだが、私の写真撮影テーマでもある「野草」が主役(^_^)。

カメラとしては、

この3台をフル活用。

また、マクロ動画撮影のために電動スライダーを導入した。

▼電動カメラスライダー「E-CHOCOLATE」 12インチ/30 / YC Onion

●マクロ撮影なので、あまり長さはいらないこと。
●持ち運びやすいサイズであること。
この条件を満たしてくれるスライダーだ。

使い勝手はなかなかよくて、低速での動作が安定している。
ただ、難点もあって、スマホアプリでコントロールするのだが、ときどき機器とのリンクが切れてしまう。
そのとき、画面表示がおかしくなる。
おそらく、これはアプリのバグだと思うのだが、スライダーの電源を入れ直すか、スマホのアプリを終了→再起動しないとリンクが回復しない。

また、スライダーには電源スイッチがなく、電池あるいは外部電源を抜くしかない。
ここは改善して欲しいところ。

タイムラプスのシーンもあるが、ここでも新しい機器を導入。
▼動画撮影回転台 ナノトラッカー TL AS0007 / SIGHTRON

以前は数千円台の安価ものを使ってみたのだが、やはり動作が安定せず、ちょっとした風にも弱かったので、ちょっと奮発した(^_^)
これはなかなか安定感があって、動作もスムーズでよい。

この電動雲台は、星景写真での星の追尾もできるとのことだが、それはまだ試していない。というか、星が撮れるような場所に行かないといけない。

Nikon A900はコンデジなのだが、動画は4K/30Pで録れる。
光学35倍ズームなので、遠景をとるのに重宝している。
今回の動画では、アオスジアゲハのシーンがそれ。

D800はスチールとマクロ動画撮影用だが、動画はフルHD画質(1920×1080)しかない。もはや古い機種なので、そこはしょうがない。
なので、編集時にPremiere PROの、ディテールを損なわずにアップスケールできるプラグインを使用。

また、絞りをF16まで絞って被写界深度を深くすると、ISO 5000〜6000とかになってしまうのだが、こうなるとノイズが目立つ。
そこはノイズリダクションのプラグインで軽減している。

そんなわけで、なんだかんだと撮影機材が増えて、総重量が11kgにもなっている。
それをカメラリュックに詰めて、散歩しているのだ(^_^)。

4K動画の撮れるミラーレス一眼が欲しい今日この頃。
候補として考えているのは、 α6500
これを使えば、マクロ動画撮影は、もっと快適になると思う。

 

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア