AmazonのAWSで3Dレンダリングしてみる?

AWSロゴ

Amazonが、クラウドで3Dレンダリング等ができるサービスを開始した。
なかなか興味深いのだが、個人レベルでどこまで利用できるのかが問題。

クラウドで3Dレンダリングができる――AWS、「Amazon WorkSpaces」で「GraphicsPro」バンドルを提供開始

Web Services(AWS)は2018年10月18日(米国時間)、マネージド型のクラウドベースデスクトップサービス「 WorkSpaces」の新しい「GraphicsPro」バンドルを発表した。

(中略)

新しいGraphicsProバンドルは、NVIDIAの仮想デスクトップおよびアプリケーション用の高性能グラフィックスアクセラレーター「Tesla M60 」、8GBのGPUメモリ、柔軟なストレージ(ルートボリューム、ユーザーボリュームともそれぞれ100GB~1TB)といった構成となっている。

AWSの無料アカウントは持っているので、ちょっと覗いてみたが、無料アカウントではGraphicsProバンドルは利用できない。
まぁ、そうだよね。

「GraphicsProバンドル」選択画面

「GraphicsProバンドル」選択画面

有料サービスとしてGraphicsProバンドルを利用するかどうか……。

固定料金だと$1,283(月額、本日のレートで、14万4,387円)、時間課金で$85(9,565円)ということらしい。
スペック的にはモンスター級のようなのだが、月額15万円というのは、個人レベルでは厳しい。

個人レベルでGPUレンダリングをするのなら、NVIDIAのグラボ搭載PCを買った方がいいね。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア