うちから近い「としまえん」は8月末に閉園する。
そして、跡地にはハリポタ関連施設ができることが正式に決まったようだ。
だがしかし……。

『メイキング・オブ ハリー・ポッター』2023年前半オープン 関係者間で本契約締結 としまえん跡地に設立 / ORICON NEWS

 8月末に閉園となる『としまえん』の跡地に設立される『ワーナー ブラザース スタジオツアー東京 -メイキング・オブ ハリー・ポッター』が2023年前半オープンに向けて、関係者間で本契約が締結されたことが18日、発表された。

“今”オープンするのならまだしも、3年後、2023年オープンだって????

ネットの反応を見ても、もはやハリポタは賞味期限切れという意見が多い。
映画は完結しているし、スピンオフ作品としての『ファンタスティック・ビースト』の人気はいまいちのようだし。

3年後、ハリポタファンがどれだけいるか?……だね。
記事の内容から察するに、施設は展示を主体としたもののようで、ディズニーランドやUSJのようにアトラクション主体ではないようだ。

展示ものは期間限定ならいいが、常設となると1回見ればいいやって感じになる。リピーターを呼び込むには、展示主体はコンテンツとして弱い。ある特定のテーマだけを常設展示する、記念館とか資料館が、数年で寂れてしまう例は多い。

ハリポタとしまえんも、1年目はいいとしても2年目以降は試練になるかもね。
なんとなく、コケそうな予感。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア