アニメや映画の人気作品は、ファンによってファンムービーが作られるが、「進撃の巨人」と「とある科学の超電磁砲」をミックスしたファンムービーが熱い(笑)。

台湾のファンムービー「進撃の電磁砲」がすごい ミカサ&御坂美琴役もかわいいぞ – ねとらぼ

 台湾のFALCON STUDIO FILMが制作した「進撃の巨人」×「とある科学の超電磁砲」の実写ファンムービー「3D真人版《進撃的巨人》Attack on Railgun【進撃の電磁砲】」がハイクオリティです。人気キャラのミカサ・アッカーマンと御坂美琴の共演をYouTubeで視聴できます。


 わざわざ日本語でセリフをしゃべるという、気合いの入れようだ。
 そのつたない日本語に、情熱を感じる。ところどころ、聞き取れない部分があるものの、雰囲気はわかる。逆に、日本人が撮影のために、うろ覚えで中国語をここまでしゃべれるかというと、なかなか難しい気がする。
 荒削りではあるものの、ジーンと来るものがある。

 いっそのこと、このファンムービーのファンムービーとして、本家の声優さんが声を当てて欲しい気がする。
 まぁ、このムービーを見ながら、頭の中で声優変換していたけどね(笑)。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア