LINEで送る
Pocket

宅配便を利用することが多いから、ときどき「不在票」が入れられることがある。
うちはマンションで、1階に宅配ボックスがあるので、たいていはそこに荷物を入れてくれる。だが、たまに宅配ボックスが満杯で空きがないときに不在票の投函となる。宅配ボックスは全戸分があるわけではないからだ。

しかし、配達日時の指定をして、待っていたのにもかかわらず、不在票を入れられることがある。
そんな不在票に関する記事。

家にいたのに「不在票」で荷物受け取れず宅配業者も再配達避けたいはずだが | TRILL【トリル】

「家に居たはずなのに、荷物の不在票が入っていた」。こんな不満が2020年9月30日、女性向けウェブ掲示板「ガールズちゃんねる」に書き込まれた。投稿主は「割とある」が、「家が狭いのでチャイムが聞こえなかったとかはありえない」と断言している。

「あるある」だね。
取材に答えている佐川とヤマトに関しては、チャイムを鳴らすことなく不在票を入れられたことは、うちに関してはないように思う。

多いのは、Amazonが使う佐川・ヤマト以外の配送業者だ。

うちのマンションは1階で各戸を呼び出して、オートロックのドアを開けるようになっている。
で、呼び出しボタンを押すと同時にカメラが起動し、チャイムを押しているのが誰なのが、モニタで見られる。
このときの様子は、一時的に保存され、プレイバックして確認することもできる。
つまり、呼び出しボタンを押したのであれば、その履歴が残っているはずなのだ。

しかし、在宅していたのに不在票が入っていた場合、その履歴が残っていないこともあるのだ。
つまり、呼び出すことなく不在票を入れたという証拠。

配送業者の管理職のみなさん。
御社の配送員で、業務をちゃんとやっていない人がいるんだ。
「不在票の投函は再配達となりますので、業務怠慢で不在票を投函することは考えられません」と、社員を信用するのもいいが、そうではない配送員もいるということを考えて欲しいと思う。

(Visited 56 times, 1 visits today)