前日の「電解水に凝っている妻」に関連した話題なのだが……。

妻はサイドビジネスを始めようと、熱心に勉強をしている。

現在勤めている会社で、上司による無視&イジメが続いていることもあって、ほとほと愛想がつきかけていることも一因だろう。もっと意欲的にできる仕事をしたいというのもあるらしい。

インターネット上には、いわゆる「サイドビジネス」と呼ばれるものが、たくさんある。中にはかなり怪しげなものもあり、美味しい話を列挙する勧誘が、いかにも嘘っぽい(笑)。

そんなに簡単に儲かる話など、あるわけがないのが現実。

しかし、甘い誘いについつい乗ってしまう人が多くいるから、怪しげなビジネスが蔓延っているのだろう。

「インターネットで気軽にできる」というのが、それらのサイドビシネスの共通点だ。

気軽かもしれないが、実際にビジネスとして成立するかどうかは気軽ではない。どんなビジネスにも弱点はあるものだし、完全無欠のビジネスなど存在しない。つまり、絶対に儲かるビジネスは存在しないということだ。

成功するビジネスはある。

しかし、それは永続的な成功ではない。企業であっても、黒字が続くときもあれば赤字に転落するときもある。それが宿命だ。

一時的な成功でよしとするのか、地道だが徐々に利益を上げ、長く続けられるビジネスをよしとするのか。そのどちらかだ。

インターネットを使ったサイドビジネスの良し悪しを判断する場合に、まずそのビジネスの透明性が問題だろう。

・なにをするのか?
・どういうシステムになっているのか?
・費用はどのくらい必要なのか?
・強要されることはないのか?
・合法性はあるのか?

……といった点に注意が必要だ。

妻が始めようとしているサイドビジネスについて、いろいろと聞いたり検証したりしたが、さほどリスクはないだろうと判断している。あとで泣きを見るような事態にならないだろう。

CLICK-LIFEの自動登録リンク集に、サイドビジネス系が多く登録していくのだが、そのビジネスの内容に疑問を抱くようなものは容赦なく削除している(笑)。いろいろと調べる機会が多くなったので、「あっ、これは●●●系だね」とわかるようになった。

私は妻のやっていることに直接関与はしていないが、数少ない健全なサイドビジネスであろうと思う。

興味のある方は覗いてやってくれ(笑)

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア