佐野デザイン「BITO」ロゴのフォントを作ってみた

LINEで送る
Pocket

次々に疑惑が浮上の佐野氏デザイン……の続き。

前エントリで取り上げた佐野氏デザインの「BITO」のロゴ。
このロゴをベースにして、フォントを作ってみた(^_^)

▼「BITO」のロゴ

「BITO」のロゴ

「BITO」のロゴ



ロゴに使われている細い線は、フォントとして使用する場合、細すぎて文字が小さくなるとかすれてしまう。また、大文字の「O」がこの大きさだと、単語を組むときに大文字に見えない。そういう意味では、ロゴの文字はフォントとしての使えない。
そこで、小さい文字でも線が見えるようにやや太めにし、ロゴの「O」は小文字と解釈して、主要なアルファベットをフォント化した。
名付けて「BITO-SANO Font

▼BITO-SANO Font ※クリックで拡大表示

BITO-SANOフォントサンプル

BITO-SANOフォントサンプル

※ちょっと修正しました。(2015/08/21; P.M.)
6時間くらいの突貫工事で作ったやっつけ仕事なので、細かい微調整はしていない(^_^)b
制作には、illustrator CCOTEditを使った。上記のサンプルにある文字しか作ってないのであしからず。
これで単語を組んでみると……

▼BITO-SANO Font 組み見本 ※クリックで拡大表示

BITO-SANI FONT 組み見本

BITO-SANI FONT 組み見本

※ちょっと修正しました。(2015/08/21; P.M.)
いかがだろうか?
ロゴにある「BITO」は「トレース」したけど、それ以外の文字は、1から作った。下敷きにしたフォントはないよ。
このフォントは「パクリ」というか「パロディ」なので、遊んでくれればと思う(^_^)
ということで、フリーフォントとして、無償で提供する。
フォントは、和文フォントとしてのOTFフォントになっている。

▼フォントのデータ
BITO-SANO FONTをダウンロード
※ちょっと修正しました。(2015/08/21; P.M.)

ああ、もちろん、佐野氏や太田市美術館・図書館で使ってくれてもいいよ。
遊びで作ったので、制作費はいりません(^_^)

(Visited 51 times, 1 visits today)