「私を月に連れて行って」とはいえなかった女優

LINEで送る
Pocket

芸能ネタとして出ていた記事なのだが……。
彼らの破局についてはどうでもいいのだが、剛力さんはものすごいチャンスを逃してしまったかもしれない……と、傍観者の私は思ってしまった(^^)。

剛力彩芽が前澤氏へ別れ際に放った一言「やっぱり月には行けません」|NEWSポストセブン

 2人を良く知る知人は「2019年秋の一度目の破局と同じく、剛力さんから別れを切り出しました。前回『一緒に月には行けない』とフッていた彼女は、今回も前澤さんに『ごめんなさい。やっぱり月には行けないの。だから別れる』と伝えたようです。2人の破局の原因は明らかに月旅行ですし、今回で“もう三度目はない”と周囲の人たちはみています」と明かした。

このふたりについては、ネットの反応は冷ややかというか、辛辣だね。
半分以上は妬みだろうけど。

前澤氏の月旅行が実現するかどうかは、現時点では未知数というか、スケジュール的には五分五分かなと思う。
スペースXは月まで行けるロケットの開発を頑張ってはいるが、まだ失敗続きで成功の道筋が明確にはなっていない。

ロケットが完成して、試験機を月まで飛ばす必要があり、それもすんなりとは成功しないだろう。
当初の予定の2023年は、ほぼ不可能な状況。数年〜十年は遅れそうだ。

「私を月に連れて行って」とはいえなかった女優

The BFR spaceship (2018 version) firing all of its engines while over the Moon. Vehicle was subsequently renamed by SpaceX as Starship in late 2018, and then a substantial redesign to the external control surfaces was done in Sep 2019 for the first “as built” version (Wikipediaより)

仮に、予定が遅れても前澤氏が月旅行に行けるとして、そのとき剛力さんが同行していたら……

  1. 女性初の月旅行者
  2. 月まで行った、初の女優(またはアイドル)
  3. 人類初の男女カップル月到達
  4. 人類初の月での結婚式

……などといった、「初」の記録を作れたかもしれない。
結婚に否定的だという前澤氏だが、月での結婚式ならイベントとしてやるかもしれない(^^)。
彼女がこれから女優業でどんな活躍をするのかはわからないが、歴史に残る「初」を達成できる人は、たった1人だけなんだ。

そういう意味で、剛力さんはもったいないことをした。
月旅行に行ければ、その後の仕事にも有利に働いたかもしれない。
むしろ、「私を月に連れて行って」と自分から発信した方がよかったように思う。

月旅行に行けば、その過程はドキュメンタリーとして撮影もされるだろうから、剛力さんの代表作になったであろうことは想像できる。

じつにもったいない。
月に行けるなんて、誰にでもできることじゃないよ。

(Visited 20 times, 1 visits today)