AFC U-23選手権GL第1節、サウジアラビア戦はひどい負け方だった。
2点目の取られ方が最悪だったね。
まるで高校サッカーを見ているような感じがした。

なぜ、痛恨のミスが生まれたのか…3選手が振り返った“あの瞬間” | ゲキサカ

痛恨のPK献上となった――。1-1で迎えた後半40分、まさかのミスが発生した。自陣左サイドでボールを受けたDF古賀太陽((柏)がバックパス。しかし、後方に構えるDF岡崎慎(FC東京→清水)には合わず。ボールをFWブライカーンに奪われると、PA内で岡崎がファウルを犯してPKを献上。このPKをMFガリーブに沈められ、初戦を1-2で落とした。

オリンピック予選も兼ねているため、サウジアラビアは本気度が違う。
対する日本は、開催国枠で出場が決まっているから、緊張感に欠ける。
その違いでもあったのだろう。
日本は積極性に欠け、ぬるい戦い方をしているように感じた。

システムは日本が3バックなのに対して、サウジアラビアも同様に3バックできた。
どっちの3バックがいいか?……という戦いにもなった。
機能していたのはサウジアラビアの方。

日本は形だけ3バックで、その利点はほとんど活かされていなかった。
むしろ裏を突かれることが多く、3バックの不利な点が目立った。

2点目の失点が顕著だったが、とにかくバックパスが多すぎ。
同じ3バックでも、サウジアラビアはバックパスが少なく、前へ、前へと運ぼうとする。
日本には、そうした前進力が乏しいんだよね。
これはもう、世代を問わず、日本人選手に染みついた国民性としかいいようがない。積極性に乏しく、失敗を恐れて無難な方に逃げてしまう。ところが、逃げるのも中途半端だからミスになってしまう。

そして、FWは、相変わらず決定機で決められない。
ゴールキーパーと1対1でも、シュートを打てない。
何度も書いているが、プレースピードが遅いんだよね。一瞬の躊躇で、相手にブロックされてしまう。この癖は、簡単には直らないよ。

オリンピックのシミュレーションとしてのこの大会。
初戦で負けたことで、GLは3戦全敗の可能性が出てきた。
シリアとカタールに勝つのは容易じゃなさそう。

オリンピック本番で、デシャヴにならなければいいが……。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア