Nikonがフルサイズミラレースカメラを発表。
ニコンユーザーとしては気になるね。

ニコン、初のフルサイズミラーレス「Z6」「Z7」発表–新型Zマウント採用 – CNET Japan

 ニコンは8月23日、新型ミラーレスカメラ「Zシリーズ」として「Z6」と「Z7」を発表した。

同社初のフルサイズセンサを搭載したミラーレスカメラであり、Z6は有効画素数2450万画素、Z7は有効画素数4575万画素。どちらも像面位相差AF画素搭載の新開発裏面照射型センサとなっており、新画像処理エンジン「EXPEED 6」と組み合わさることで、高い静止画・動画撮影性能を実現する。また、5段階の手ぶれ補正ユニットを本体に内蔵している。

新マウント「Zマウント」システムを搭載し、マウント内径55ミリ、フランジバック16ミリ。開放F値0.95のレンズにも対応するという。また、新開発の「NIKKOR Z」シリーズを併せて発表。「NIKKOR Z 24-70mm f/4 S」「NIKKOR Z 35mm f/1.8 S」「NIKKOR Z 50mm f/1.8 S」「マウントアダプター FTZ」をラインアップする。

詳細は実機のレビュー記事が出てくるまでわからないが、新しいマウントか。
いちおう「ニコンの既存カメラとの互換性も確保」との注釈もある。

続報を待ちたい。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア