アカデミー賞、長編アニメ映画賞と歌曲賞を受賞した『アナと雪の女王』を観てきた。

いい意味で「ディズニーの王道」の物語。
歌曲賞の対象となった「Let it go」が流れるシーンは、めちゃ感動した。

 アカデミー賞では、「風立ちぬ」も候補に挙がっていたが、正直なところ、勝負にならないくらい『アナと雪の女王』の方が完成度は高かった。
 サッカーの試合に例えるなら、6-1で完敗したようなものだ。

 手描きにこだわる宮崎駿アニメと、最新の3DCGのアニメーションという手法の違いはあるが、手法は表現方法の違いでしかなく、観客が求めているのは感動できる「物語」なんだ。
 それにしても、CGアニメもここまで来たのか……と感心する表現力だと思う。これに比べると、日本のCGアニメは、リアルにこだわりすぎるためか、まだまだ不気味の谷を越えられないでいる。
 ディズニーのCGアニメは、細部はリアルではあっても、アニメーション的なデフォルメや動きを作っているから、不気味の谷が発生しないんだよね。手法として、うまく使いこなしている。

 物語そのものは、ストレートというか、こうなるだろうなーというオーソドックスな展開だ。その点、期待は裏切らない。逆に言えば、ひねりのない物語なのだが、そこは童話的な物語であり、ファンタジーなのだから、王道でいいのだと思う。
 とびっきりの美人というわけでもない可愛らしさのヒロインが、共感できるキャラクターになっている一因だろう。

 そして、なによりも、音楽が素晴らしい!

 ミュージカル仕立ての展開なのだが、その音楽に引き込まれる。
 私はミュージカルがあまり好きではなかった。突然、歌い出して、物語が破綻してしまうような気がするからだ。だが、アニメーションということもあってか、歌い出しても違和感を感じなかった。
 違和感を感じないのは、楽曲が素晴らしいからだ。
 楽曲がつまらないと、そのシーンそのものがつまらなくなるが、音楽がいいと別物になってしまう。

 「Let it go」の曲は、予告編動画でも流れていたから、すでに頭の中にインプットされていた。
 それが映画の中で流れ始めると、感動で鳥肌が立ってしまった。

 いや~~、いいねー!
 いいっすよ!
 目が潤んでしまう(^^;)

 私はDTMで楽曲を作ったりもするので、感動する音楽に出会えると、ものすごく刺激を受ける。下手は下手なりに、私もいい曲を作ってみたいな……と。

 アメリカ人はミュージカルが好きだね。
 そのミュージカルで、これほどまでに音楽がいいと、アカデミー賞の対抗馬は歯が立たない。
 家族連れでも楽しめるし、カップルでも楽しめる映画だと思う。

 ちなみは、私は妻と観に行った(笑)
 帰り道……
「久々にいい映画を観たね」
「ほんと」
 ふたりとも満足した映画だった。

追伸
 エンドロールが流れ始めると、さっさと帰り始める人が多くいたが、最後の最後に、小ネタのワンシーンが出てくるので、最後まで観た方がいいよ。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア