台風一過、電車の遅延・運休でも律儀なサラリーマン


国際宇宙ステーションから撮影された台風24号(ESA・NASA提供=ロイター)

国際宇宙ステーションから撮影された台風24号(ESA・NASA)

台風24号が、東京に最接近した昨晩。
うちのマンションが小刻みに揺れるほどの暴風だった。1くらいが、長く続いていたような感覚。

都内のJRは、午後8時以降の運行を予告運休した。
これは初めてのことだったが、日曜日だったからできたともいえる。平日だったら、台風が直撃しようとも、普段通り出勤するサラリーマンがいるから、運休させるのは難しかったのではないかと思う。
もし、平日に今回の状況が発生したら、多くの帰宅困難者が出ていただろう。

台風一過の、明けて月曜日。
台風の爪痕が残り、運休や遅延が多数発生した。

入場規制で一部駅大混乱、乗客「完全に足止め」 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

 首都圏の在来線では、線路沿いの倒木などの影響で、1日の始発から運転見合わせが相次いだ。一部の駅では入場規制も行われ、通勤客らで混乱。JR東日本が前日夜に実施した大規模な「計画運休」に続き、この日も首都の足が乱れた。

(中略)

JR新宿駅や三鷹駅、武蔵小金井駅などでは入場規制が行われ、改札前や駅周辺に通勤客らが長い列を作った。新宿駅で列に並んでいた会社員の女性(28)は「職場に向かう京王線が動いておらず、JRに乗ろうと思ったが、入場が規制されているとは思わなかった。完全に足止めです」と困惑した様子だった。

サラリーマンは律儀というか、なにがあろうと定時に出勤しようとするんだね。
それを強要している会社や社会も問題だ。

ある程度の交通の混乱は予想されたから、いつもより早めに家を出た人も多かっただろう。そこに遅延や運休が追い打ちをかけて、駅は各所で人々のオーバーフロー。

うちの近所の最寄り駅でも、ホームに人が溢れていたらしい。先に家を出た妻から、電車に乗れないというメールが来ていた。

こういうときは定時出勤ではなく、時間をずらすなどの対応がとれないものだろうか?
そもそも、そんなに律儀に時間厳守の出勤をしなくてもいいと思うのだが……。
日本の会社は、遅刻には厳しいが、残業には甘いんだよね。残業しても、残業代を払わなかったりするが、遅刻するとペナルティを課す。
そういう会社が多いのも事実。

社畜」という言い方があるが、なにがあろうと会社に行く習性は社畜の性(さが)である。

かくいう私は、遅延や混雑を見込んで、いつもより30分遅く家を出た。
もちろん遅刻する(^_^)
どうせ遅延しているのだから、定刻に着くわけがないのだ。
だったら、ゆっくり行こう。

電車の混雑には遭遇しなかったものの、先を行く電車が詰まっていて、いつもなら15分のところが、45分くらいかかった。
なんだかんだで遅れて、会社に着いたのは1時間遅れ。ほかの社員も来ていなかったから、私が一番出社。
時間にルーズな会社なので、こういうことができる。ただし、ルーズなのは出社時間だけでなく、残業についてもルーズで、残業代は出ないけどね。

勤めている会社に命をかける気はないので、テキトーにさぼる(^_^)。
でも、仕事はキッチリやる。そこは職人気質なので。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア