小ネタをひとつ。

 変な日本語、誤解を招く日本語が、マスメディアの記事にときどき散見されるが……
 これは迷作かも(笑)

人類滅亡に「残り3分」の主犯は金正恩と落合信彦氏│NEWSポストセブン

人類滅亡に「残り3分」の主犯は金正恩と落合信彦氏

 落合さんが金正恩と連名で、「主犯」にされている!?
 見出しの書き方の問題なのだが、ちょっと記者のネジがはずれていたようだ。

 記者の意図はわかる。

人類滅亡に「残り3分」の主犯は金正恩、と落合信彦氏は語った

 と言いたかったのだろうが、つなげてしまったから、

主犯は金正恩と落合信彦氏

 になってしまった。
 句読点を入れるか、「と落合信彦氏」は省くかすれば済む話。この見出しで「と落合信彦氏」は必要ないだろう。本文を読めば、誰の発言かはわかる。
 落合さんは金正恩と共犯にされて、いい迷惑なのではと思う。

 それはさておき、北朝鮮の政権はどういう形であれ、潰すしかないでしょう。
 あの国と平和的な話し合いなど無理だし、向こうもその気はなさそう。
 どっちが先に引き金を引くかという、チキンレースになっているが、アメリカはどこまで我慢するのかな?
 イラクで痛い目をみたから、自分から引き金は引きたくないのだろうけど、思惑通りに北朝鮮が先に引き金を引くかどうかはわからない。北朝鮮は強がってはいるが、はったりであることは見抜かれているから、吠えることしかできない。
 前述の記事にもあるように、やぶれかぶれで道連れにして暴発……というのが、精一杯の抵抗なのかなと思う。

 アメリカと中国が裏取引で、

「北はやるから、そっちの軍で潰してくれ」
「それでは我々が非難される。正当な理由が必要だ」
「ならば、われわれが挑発して引き金を引かせよう。平壌は我が軍が空爆で叩く。その後、君たちが国境から治安維持を口実に進撃すればいい」
「韓国がだまっていないだろう」
「気にするな。われわれは韓国からも手を引きたいのだ。ただし、条件がある」
「なんだ?」
「南沙諸島からは手を引いてくれ」
「それは……」
「ちっぽけな島と朝鮮半島で、どっちの利用価値があると思う?」
「いいだろう。その話、乗った」

 ……とかなんとか、裏では駆け引きやってるのかもね。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア