「インベージョン」シーズン2|Apple TV+

LINEで送る
Pocket

 8月23日から配信が始まった、「インベージョン」シーズン2の第3話まで見ての感想。
 シーズン1では複数のドラマがバラバラに進行していたが、シーズン1の終盤から物語が噛み合い始め、シーズン2でそれぞれが密接に関係する展開になってきた。

参照→ 【レビュー】Apple TV+オリジナルSFドラマ「インベージョン」

Apple TV+「インベージョン」シーズン2予告編

 異星人の宇宙船が出てきて、敵との戦いも描かれているのだが、第3話段階では、異星人の正体はまだ不明。
 人類と交戦しているウニのような多足体は、蟻でいうところの兵隊蟻なのだろう。巨大な宇宙船を建造できる高度な知性体だと思われるのに、攻撃の方法が稚拙なのには理由がありそう。無敵というわけでもなく、ステルスが暴かれると、あっさり撃墜されてしまっていた。

 「敵の目的」を突きとめるのが、ひとつの鍵なのかな?
 少なくとも高度な知性はあまり感じられないので、異星人というのは出てきそうにない気がする。なんとなくイメージとして、草原や森を食い尽くす異常繁殖のバッタみたいなんだよね。地球侵略の目的は、生物的本能として地球を食い尽くすだけとか。

 物語の展開スピードは、相変わらずスローペース。このペースは、ちょっとまどろっこしい。複数のドラマが同時進行なので、余計になかなか進まない。
 徐々に異星人の正体に迫っているが、そこにどれだけの意外性があるかが、物語の面白さを左右すると思う。
 シーズン2は10話構成の予定だが、はたして決着に辿り着くのか?

(Visited 166 times, 1 visits today)