肉食は「生態系の大量虐殺」 喫煙同様に禁止?


肉食は「生態系の大量虐殺」 喫煙同様に禁止?

自然を守るために、肉食を禁止しよう……という声を上げる人たちがいる。
禁煙が世界に広まったように、肉食禁止は広まるだろうか?
略して「肉禁」かな。

肉食は「生態系の大量虐殺」 喫煙同様禁止される可能性も 英弁護士(The Telegraph) – Yahoo!ニュース

肉食は喫煙同様に禁止される可能性がある、自然を大規模に破壊する行為は「エコサイド(環境・生態系の破壊)」の罪として裁かれるべき──英国の著名な弁護士が訴えた。

弁護士のマイケル・マンスフィールド氏は、肉や乳製品の消費をやめることを促す活動「ビーガン・ナウ」を設立。その立ち上げで、「伝えたいメッセージは一つだけ」、エコサイドを罪と定めることだと話した。

マンスフィールド氏は、肉食のための畜産は地球を破壊していると警告し、地球温暖化や生態系の意図的な破壊を引き起こした人を罰する法律を制定すべきだと訴えた。

(中略)

畜産世界最大手の3社は毎年、フランス全土で排出されるよりも多くの温室効果ガスを排出している。排出される温室効果ガスのうち約25%は農業によるもので、そのうち80%は畜産が占めている。

いささか過激な思想と活動だが、肉禁を進めるのは難しいだろうね。
第一に、喫煙人口よりも肉食人口の方が圧倒的に多い。肉を食べないベジタリアンの数なんて、極めて少数。おそらく99.9%が、なんらかの形で肉食あるいは乳製品を食べている。見た目ではわからなくても、パンやスイーツなどにも、乳製品は使われている。

それを禁止できるか?

禁煙で被害を被るのは、だばこ農家とJTなどのタバコ製品を作る会社だけ。一般の人たちにはほとんど関係ないので、タバコを攻撃するのは容易く、心が痛まなかった。

しかし、肉となると広範囲に影響が出る。
食生活から肉がなくなることを想像してみればよい。
牛丼はない、ハンバーガーもない、カレーは野菜と魚介類だけ、牛乳を使わないパンはあってもバターはない。余談だが、魚も捕りすぎて問題になっているから、養殖以外の魚はダメってことになるかも。
鶏肉はどうする? ニワトリも含めるなら、卵もダメだぞ。卵がダメだと、スイーツの大部分が全滅だな。

食卓に出てくるのは、野菜や大豆を原料にしたものばかりになるとしたら……。
ヘルシーかもしれないが、味気ない気はする。
しかし、自然を守るため、地球温暖化の抑止のためには、必要なことだ……と、賛同するかどうか。

肉禁活動が、世論の支持を得て、世界的に広がることはないだろう。
なぜなら、生産者だけでなく、多くの人たちの痛みをともなうからだ。
「生態系の大量虐殺」だろうが、温暖化の原因だろうが、それと引き換えに肉を食べられなくなるのはごめんだ……と、大多数の人たちは思うからだ。

エコサイドを唱える人たちでも、触れないことがある。
それは世界人口が多すぎることだ。多すぎるから、多くの肉が必要になり、畜産による環境破壊が広範囲に及ぶ。

産業革命以前の世界人口は、約8億人。
現在は77億人と、約9.6倍、ほぼ10倍になっている。
人口が10倍になれば、エネルギー消費も食糧消費も10倍になる。単純な話。

世界人口が8億人であれば、肉をたらふく食っても問題にはならなかった。
すべての原因は、人口という数なんだ。

ガン細胞は異常な増殖をして体を蝕んでいくように、人間も際限なく増え続けることで自らの生息環境を蝕んでいる。
ガン治療ではガン細胞を除去するが、環境破壊の元凶である人間自身を除去することはできない。

では、どうするか?
肉食、やめられますか?

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア