深夜に五輪特別電車が走る

LINEで送る
Pocket

五輪の特別扱いは、電車の運行にまで及ぶようだ。
小池都知事は「8時には帰ろう」と、昭和のオヤジギャグで呼びかけているのに、五輪期間中に深夜の五輪特別電車を走らせるという。

JR東、五輪期間中の深夜に臨時列車運行へ 首都圏21路線 | 毎日新聞

JR東日本は30日、山手線など首都圏の21路線で東京オリンピック期間中(7月23日~8月8日)に深夜の臨時列車を運行すると発表した。有観客での開催を想定した大会組織委員会の要請に基づく対応で、終電後に臨時列車を運行することで、運行時間を通常ダイヤより1~2時間繰り下げる。山手線や京浜東北・根岸線は午前2時台に運行する区間もある。

首都圏で他に深夜の臨時列車を運行するのは、埼京線▽東海道線▽中央線快速▽中央・総武線各駅停車▽京葉線▽常磐線各駅停車――など。競技会場の最寄り駅がある路線などで競技の開催時刻に合わせて終電後や日中に臨時列車を運行する。東北新幹線も終電後の臨時列車を運行する。

JR東は7月9日ごろから自社の路線検索アプリに今回の臨時列車を反映させるという。

8時に帰ろう

……と、このように8時には帰ろうと促されているのだが、どうやらオリンピックを観戦する人には門限がないらしい。

この記事のポイントは、「大会組織委員会の要請に基づく対応」という部分。
他社のニュースでは、この部分が抜けていて、JR東が勝手にやってるみたいな記事になっていた。
それだとJR東が罪を被るみたいな話だから、そこはちゃんと主張した方がいいのでは?

会場が都外にある場合、県によっては夜9時以降は無観客にするように要請されているようだから、都内の会場も同様に門限は9時にすればいいんじゃない?
そうすれば五輪特別電車は走らせなくていいし、鉄道会社の人たちも残業しなくて済む。

開催がGOになってからというもの、大会組織委員会はどんどん横柄になっているような気がする。
橋本会長は「安心安全」しかいわないしね。
現役時代の橋本氏のように、このまま突っ走れ!……ということなのかもね。

(Visited 62 times, 1 visits today)