「スター・ウォーズ:ビジョンズ」の感想

LINEで送る
Pocket

日本のアニメ制作で展開されている「スター・ウォーズ:ビジョンズ
いちおう、見た(^_^)
見たけど……、なんというか、消化不良の作品だったね。

スター・ウォーズ:ビジョンズ

マンガ風にいえば、読み切り短編で、全9作。
1本が15分前後だ。
以下、全タイトル。

通算
話数
タイトル  監督  脚本 Animated by  公開日  作品時間
1 The Duel 水野貴信 堺三保 神風動画 2021年9月22日 13分
2 タトゥイーン・ラプソディ 木村拓 新八角 スタジオコロリド 2021年9月22日 12分
3 The Twins 今石洋之 若林広海 トリガー 2021年9月22日 16分
4 村の花嫁 垪和等 大西雄仁、垪和等 キネマシトラス 2021年9月22日 17分
5 九人目のジェダイ 神山健治 神山健治 Production I.G 2021年9月22日 21分
6 T0-B1 アベル・ゴンゴラ(英語版) 木戸雄一郎 サイエンスSARU 2021年9月22日 13分
7 The Elder 大塚雅彦 大塚雅彦 トリガー 2021年9月22日 15分
8 のらうさロップと緋桜お蝶 五十嵐祐貴 さやわか ジェノスタジオ 2021年9月22日 19分
9 赤霧 チェ・ウニョン 木戸雄一郎 サイエンスSARU 2021年9月22日 13分

第一に、時間が短すぎ。
まるでプロモーションのためのサンプル作品のようだ。
「九人目のジェダイ」がもっとも長くて21分だが、これでだいたいテレビアニメの場合のCM抜き1本分くらい。それもあって、これが一番良かった。

どの作品にも共通しているのは、ライトセーバーで戦うシーンがあること。
それがクライマックスではあるのだが、いかんせん時間が短いのでストーリーは中途半端。
それが消化不良の原因だ。

もうひとつ共通しているのは、和風にこだわっていること。
本家のスターウォーズも和風テイストがあるとはいえ、ここまで露骨に和風にすると、なんか……くどい(^_^)b

和食を食べに行ったら、テリヤキハンバーガーが出てきた……みたいな感じ。
純和食にはなりきれず、和洋折衷の洋よりで、和食とはいえないしろもの。
ファンが作った二次創作的なものなんだろうけど、「ビジョン」というほどにはビジョンが乏しかった。

どの作品も中途半端なので、「続きは?」と言いたくなってしまう。
試みとしては面白いけど、せめて1本あたり45分は欲しかった。
評判の良かったものをシリーズ化するのかもしれないが、それなら「九人目のジェダイ」をイチオシする。

(Visited 78 times, 1 visits today)