テレビ東京の人気番組のひとつ、「なんでも鑑定団」で一番の功労者であろう石坂浩二さんが、パワハラのイジメを受けているという記事。
 ときどき見ていたが、石坂さんが登場するものの、ほとんど発言することがなかったので、どうしてだろうと疑問だった。なにか発言できない事情……たとえば、声が出せないとか、健康上の理由なのかと思っていた。
 しかし、番組制作責任者(つまり、プロデューサーだよね)が、意図的に石坂さんの発言をカットしているらしい。
 それって、陰湿なパワハラ、イジメだろう。

石坂浩二なぜ話さない?「なんでも鑑定団」不自然すぎる映像(芸能) – 女性自身[光文社女性週刊誌]

「最近、石坂浩二さんは番組で一言もしゃべりませんが、その映像はとても妙な感じで、何か理由でもあるのですか?」

(中略)

その番組とは、テレビ東京系の『開運!なんでも鑑定団』。今年で23年目を迎える人気の長寿番組だ。本誌は、内情をよく知る番組関係者たちから、驚愕の裏事情を聞くことができた。

「石坂さんが“発言しない”のではなく、発言部分を“意識的にカット”して編集されているんです。だからオンエアでは、石坂さんの発言ばかりか音声がほとんどない。発言が少なくなる傾向は、島田紳助さんが司会を辞めた後ぐらいから始まりました。今では音声が編集でカットされていることは、番組スタッフならみんな知っています」

(中略)

「A氏は番組創設メンバーであるスタッフや、紳助さんらが番組を去るなか、残る最後の大物である石坂さんを辞めさせたいようです。音声カットは、石坂さんの番組内での存在感をなくし、自主降板へと追い込むためなんです」

 一般の会社で、自主退職に追い込むイジメと同じじゃないか。
 こんなことが公共の電波を使った番組内で行われているとは、テレビ東京もかなり悪質だ。石坂さんは、孤軍奮闘して戦っているかもしれない。

 辞めさせたいなら、公式に契約を切ればいいだけで、なぜそれをしないのか?
 理由なんていくらでもつけられるわけで、それを信じるかどうかはともかく、番組制作側が切ればいいだけ。契約上の制約で、制作側から契約を切ると違約金等が発生するのかもしれないが、だからといって自主降板に追い込もうなんて陰湿だ。
 ニュース番組で、パワハラやセクハラ、イジメなどについて、偉そうなことをニュースキャスターが発言していても、自社の内部で同様のことをやっていては、説得力がなくなってしまう。

 冷遇に堪えている、石坂さんを応援したくなってしまう。

 テレビ東京の「なんでも鑑定団」のページから、「ご意見・お問い合わせ」を送れるので、この問題をテレビ東京に投稿しよう! 私はさっそく投稿した。
 ↓ここから
開運!なんでも鑑定団|テレビ東京

 SMAP騒動でもテレビ界、芸能界の陰湿な裏事情が露呈したが、どんだけ腐っているのやら。
 テレビはオワコンといわれるようになって久しいが、その中でもテレビ東京は頑張っている方だと思っていた。しかし、やはり腐ったミカンは混じっているようだ。ひとつでも腐ったミカンがあると、周りは次々に腐っていく。

 テレ東、おまえもか……

 「なんでも鑑定団」で今後、どのように改善されるのか、注視しよう。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア