気がつけば、新年である(笑)。

まぁ、だからどうということはないのだが。

本サイトで連載を始めた『麗しき森の女王』だが、ぼちぼちと書いている。時間のあるときに少しずつ書いているので、あまり早いペースでは書けないかもしれない。

また、この作品はあまりおおっぴらに公表はしていないので、私のサイトに来てくれる、ごく少数の方たちが読者である。

創作系の検索エンジン等にも登録していないし、するつもりもない。ひっそりと公開執筆しているのだ(笑)。

はたしてこの作品は、どのくらいの長さになって、どういう展開になるのか、私自身にも未知数なので、あまりたくさんの人の目に触れない方がいいな……と、思っている。

本来、私は執筆の過程を人には見せたくないのだ。多少なりとも推敲してから見せないと、ボロが出てしまうという気恥ずかしさもあるからだ。

それをあえて少数の人であれ、こうして公開しているのは、見せることによって書くことに緊張感がより出るのではないかと思って、実験しているのだ。

いずれ完成したときには、なんらかの形でもっとオープンに発表したいとは思っている。その過程を見てくれている人は、希少な目撃者でもある。

ともあれ、おつきあいしてくれる方は、楽しんでいただければ幸いだ。

と、正月だとか関係なく、物語を書いているのであった。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア