マジックマッシュルームのイメージ写真の間違い


マジックマッシュルームの成分がうつ病の治療薬に有効という記事なのだが、そこに使われていたキノコのイメージ写真が間違っていた(^_^)。

この記事、掲載元のWIRED.jpでは、2016年5月30日付なのだが、なぜか今ごろになってYahoo!ニュースで転載されていた。

マジックマッシュルームが「重度のうつ病」治療に有効:研究結果|WIRED.jp

インペリアル・カレッジ・ロンドン(ICL)が行った臨床試験により、マジックマッシュルームの幻覚作用成分「シロシビン」は「治療抵抗性うつ病(TRD)」にも作用することがわかった。

マジックマッシュルームの記事写真

マジックマッシュルームの記事写真

この写真、shutterstockからのストックフォトなのだが、作品タイトルがマジックマッシュルームになっているものの、このキノコはマジックマッシュルームではない。

正しくは、ニオイアシナガタケで、クヌギタケ属のラッシタケ科またはクヌギタケ科に分類される。
このキノコは、わりとありふれていて、落ち葉や腐木のある湿潤地を探せば見つかる。
以下は、私が撮影したもの。

ニオイアシナガタケ

ニオイアシナガタケ

もちろん、マジックマッシュルームではない(^_^)

マジックマッシュルームとされるものは、

  • ミナミシビレタケ
  • シロシベ・キアネセンス
  • ワライタケ
  • ヒカゲシビレタケ
  • アイゾメシバフタケ
  • センボンサイギョウガサ

などが代表的なもので、ニオイアシナガタケとは明確に区別できるほど違う。

写真としてはいいイメージなのだが、マジックマッシュルームではないのが残念。
作品名などは、撮影者がつけるものなので、キノコの種類の同定は曖昧なことが多い。そもそもキノコの種の同定は、近似種が多く、専門家でも難しい。

というわけで、誤植ならぬ誤写真の指摘(^_^)

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア