前にも書いたような気もするが……
ま、いいか(^_^)

スマホの画面を割ってしまう人についての記事なのだが、そもそも割ってしまうような使い方が問題だと思うのだが?

「スマホの画面を何度割ってもケースを着けない」人が考えていること ITmedia Mobile

 いきなりだが、過去にスマホの画面を割ってしまった経験がある人はどれくらいいるだろうか。自慢ではないが(本当に何の自慢にもならないが)、筆者は過去に4回ほど割ったことがある。

端末はiPhoneで、それぞれ手に持っている状態からぽろっとアスファルトの地面に向けて落としたり、前かがみになったときに胸ポケットからするりと抜け出て落としたり、カウンターの位置が高い椅子に座ろうとしておしりのポケットから落としたりとシチュエーションはさまざまなのだが、いずれも落下→画面破壊、のパターンである。

どんだけ酷使したら、画面を割ってしまうのか?……と思ってしまう。
そりゃ、四六時中スマホを手にしていれば、落とすこともあるだろうし、ぶつけることもあるだろう。ようするに、スマホ依存症ということだね。

私のスマホは、いまだにiPhone 4s(白バージョン)だ。
2011年発売だから、6年を超えた。
画面を割ったことはないし、そもそも落としたことがない(^_^)。机の上に置いていたのを、猫に蹴落とされたことはあるが、幸いにも無事だった。

液晶保護シールは貼ってあるが、密着型ケースには入れていない。ほぼ裸。保護シールは画面割れ防止というよりは、汚れ防止の役割の方が大きい。
いま改めて見てみたが、ほぼ無傷だ。

さすがに、古い機種になってしまったので、OSの新しいバージョンの対象外になってしまった。電池もだいぶヘタレてきたので、充電が長持ちしないし、最近はアプリの起動時間が長くなってしまった。
それでも、まだ使える。
私はスマホのヘビーユーザーではないので、これで用が足りる。

1日のうち、iPhoneを手に持っているのは、せいぜい数分。
iPhoneの利用方法の比率は、音楽プレーヤーとして90%、メールの送受信に5%、地図アプリの利用で5%……という感じ。

撮影に出かけたとき、初めての場所では地図アプリが重宝するため、手に持っている時間は多少長くなる。それでも落としたことはないね。落とすというのは、よっぽど不注意なわけで、それって性格的な問題じゃないのか?

iPhoneでゲームはやらないし、LINEもTwitterもFacebookもやらない。理由は、面倒くさいから(^_^)
なにも移動中まで、テキスト入力したくない。
メールの送受信は、妻と友人との連絡用だが、そんなに頻繁にやりとりするわけでもない

私がiPhoneを使う理由は、音楽プレーヤーとしてだ。
ベルトにつけるiPhone収納ケース(ウエストポーチ)にiPhoneを入れて、イヤホンを耳に差し、お気に入りのROCKを聴く。
ほとんどの時間、iPhoneはベルトの収納ケースに入ったままだ。
だから、落ちることがない(^_^)。

iPhoneをポケットに入れたり、カバンに入れたりは、ほとんどしない。いつも腰にある。
画面が割れるような状況になることがないんだ。
使い方が違うといってしまえばそれまでだが、落としたり、割ってしまったりする人の不用心さが信じられない。
大切なものなら、粗末に扱うなよ……と、いいたい。
あ、たぶん、大切なのはSNSやゲームの方で、端末としてのスマホはそれほど重要じゃないんだろうな。

 

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア