SF小説「ファウンデーション」のドラマ版が制作される


あの名作SF「銀河帝国の興亡」がドラマ化されるという。
高校時代に夢中になって読んだ。
壮大な銀河の話だが、どんなドラマになるんだろう?

SF小説「ファウンデーション」のドラマ版、ルパート・サンダースが監督 : 映画ニュース – 映画.com

米Deadlineによれば、本作はSF作家アイザック・アシモフの代表作である同名SF小説シリーズを、リー・ペイス、ジャレッド・ハリス主演でドラマ化する作品。「ファウンデーション」シリーズは、銀河帝国の崩壊を予知した天才科学者ハリ・セルダンが人類の知識の消失を防ぐために壮大な計画に着手するという物語。「スター・ウォーズ」をはじめ、多くのSF映画・ドラマに影響を及ぼしたことで知られている。

配信がApple TV+というのがミソ。
見るためには契約しなくちゃいけない(^_^)b

小説として、私が読んだのは創元推理文庫版だ。
▼創元推理文庫版「銀河帝国の興亡」

SFっぽくない抽象的な表紙が印象的だった。

のちに早川書房から再版され……
▼早川書房版「ファウンデーション」

……と、いかにもという感じでSFっぽくなった。
しかし、この表紙からイメージするような、宇宙船がバンバン飛び交うような話ではないのだが……。

おおざっぱにいえば、銀河帝国を舞台とした歴史&政治小説のようなテイスト。けっこう長い話だし、背景設定がいろいろと複雑で、全体を把握するのが難しかった……という記憶。その難解さを紐解くのが面白かった。

映画のようにお金をかけるわけではないだろうから、銀河帝国というSFとしての壮大なシーンはあまり出てこないのではないか?
多少のSF色は必要だろうが、原作もローマ帝国などをイメージしているから、古風な衣装でもいいのかもしれない。

遠大な原作を忠実に映像化するのは無理だろうから、娯楽要素を強調するような脚色がされそう。
大化けするか、大コケするか、どっちかになる気がする。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア