笑えるスパムメールが来た(^_^)
なんと、弁護士を名乗っている。
しかも、「迷惑メール撲滅団体」だというおまけ付き。
こいつ、バカだ。

件名:迷惑メール撲滅団体よりお知らせ
差出人:弁護士 佐山 <info@5p2kulugqe.xyz>

配信日:2019年4月19日

迷惑メール撲滅団体、担当弁護士の佐山です。

当団体は、全国各地から迷惑メール(悪質メール)からの被害相談を受けており、独自の調査を進めながら迷惑メールを行う配信元(悪徳サイト等)と常に戦って参りました。

今回、我々は独占ルートにより迷惑メールが配信されている(又は、これから配信される予定者)のリストを入手することに成功、このように忠告の案内を行っております。

このリストは何かしらの影響で情報漏洩されたものと考えており、現時点で被害に遭われている、心当たりがある・ないは個々にお思いかもしれませんが、既に悪用されていることは確かです。

まずは悪徳サイト、騙しサイトは使用しないことが闡明ではございますが、このようなデータバンクにリストがある以上、迷惑メールは停止することはございません。

こちらは被害に遭われましたIPアドレス(所持端末アドレス)の方、一斉に配信しており、

希望される方には
無償で迷惑メール、悪質メールの配信停止とデータバンクのリストからの情報削除を行っております。

迷惑メール(悪質メール)にお困りの方、上記ご希望される方は、本文に「情報削除希望」と記載の上、ご返信下さい。

ご連絡頂いた時点で即座にデータバンクに残されているリストより該当アドレス、情報などを削除致します。

━━━━━━━━━━━━
迷惑メールの追放に向け
共に戦う通信関連団体
────────────
迷惑メール対策団体
迷惑メール対策連絡会
チェーンメールをなくそうの会
日経団体連合会
日本データ通信協会
電子メール悪質対策本部
スパムメール対策本部
反スパム団体
ほか
━━━━━━━━━━━━

いやはや、自らスパムメールを出しておいて、迷惑メール撲滅団体とは(^_^)
こいつら、人を舐めてるな。

真正の弁護士である証明がない時点で、嘘だとわかる。
弁護士には、個々に割り当てられる登録番号があり、いずれかの弁護士会に所属する必要がある。
それらを明示することで、真正の弁護士であることを証明する。

それがないのはニセモノである。

詐欺メールは、手を変え品を変えて、いろいろと工夫はしているようだが、すべてにいえることは「バカ」で「マヌケ」だということ。
ツッコミどころ満載なのだ。

それに騙されるのは、無知だからだ。
今の時代、疑問に思ったことはネットですぐに調べられる。
まず、疑問に思うこと、それが大事。

簡単に人を信用するな。
まして、赤の他人は。
ネットリテラシーがどうとかいう以前の問題として、相手を信用するためには、その根拠が必要だということ。

人は善意だけでできているわけではない。
善意と悪意は、わずかな差でバランスを取っている。
ちょっと悪意に傾くと、人は悪事を働く。

スパムメールを出しているヤツも、普段の生活では「いい人」といわれているかもしれない。
しかし、裏では悪意をむき出しているのだ。

くれぐれも、こんな詐欺メールにひっかからないように。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア