消費者金融が、ここまでやるのか?……
Yahoo!ニュース – 毎日新聞 – <消費者金融>借り手の保険金…半数以上が「死因不明」

 消費者金融10社が借り手全員に生命保険を掛けていた問題で、死因が判明しないまま保険金が支払われていたケースが05年度、大手5社で支払い総件数の半数以上の約2万件に上ることが分かった。遺族に死因を確認せず、業者が取得した住民票の死亡記載のみで保険がおりる場合が大半で、自殺も相当数含まれるとみられる。命を「担保」にした安易な債権回収を大手の生命保険会社が支えている実態が初めてデータで裏付けられ、生保の姿勢が問われるのは必至だ。

 これじゃ、貧乏人を殺して金を巻きあげるのと同じだ。
 直接、手を下すわけではないが、精神的に追いつめて、死ぬように導いているのだから、かなり悪質。
 こんなことが許されるなんて、いったい世の中はどうなっているのだろう?

 生保が保険金を不正に不払いする事件も多かったが、金にむらがる仕事をする人たちには、まっとうな倫理観はなくなっているのだろう。
 しかも、金融関係に勤める人の収入は、一般よりも高め。
 それもこれも、貧乏人を食いものにしているからなのだろう。
 正直者がバカを見る……というのは、今も昔も変わらない。

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn