地下鉄の「PM2・5」は地上の5倍


目に見えないPM2.5は、知らず知らずのうちに環境を汚染している。
それが身近なところにあれば、長期的に健康被害にもつながる。
地下鉄内のPM2.5が、地上の5倍という報告。

ぜんそく原因「PM2・5」地下鉄は地上の5倍 : 環境 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

 ぜんそくなどの原因となる微小粒子状物質(PM2・5)の濃度を地下鉄の駅構内で調べたところ、地上に比べて最大で5倍だったとの調査結果を、慶応大などの研究チームがまとめた。地下鉄が駅に停車する際のブレーキなどで金属の微小粒子が発生した可能性があるといい、日本の専門誌「大気環境学会誌」に論文が掲載された。

奥田知明・慶大准教授(環境化学)らの研究チームは昨年7月、横浜市内の地下鉄駅構内に測定機器を置き、午前5時から午後8時までのPM2・5濃度の変化を調べた。その結果、濃度は始発電車が到着した頃から上がり始め、午前8~10時頃の通勤時間帯には大気1立方メートルあたり100マイクロ・グラムを超えた。同じ時間帯に屋外で測った濃度の約5倍だった。

粒子の成分を詳しく分析したところ、鉄の濃度が屋外の約230倍だったほか、チタンや銅、亜鉛などの金属類の濃度が高い傾向にあった。研究チームは、ブレーキや車輪とレールの摩擦によって鉄などの微小粒子が発生したとみている。奥田准教授は「他の駅でも濃度が高い可能性があり、調査の規模を広げる必要がある」と話す。

都市部の通勤で地下鉄を利用する人は多いと思うが、毎日の通勤で多くのPM2.5に曝露されていることになる。

環境省の定める許容基準は……

環境省_微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報

環境基本法第16条第1項に基づく人の健康の適切な保護を図るために維持されることが望ましい水準として以下のとおり環境基準を定めています。

1年平均値 15μg/m3以下 かつ 1日平均値 35μg/m3以下(平成21年9月設定)

……となっている。
つまり、地下鉄駅内の100μg/m3以上は、1日の許容量の約3倍に相当する。駅の中に滞在する時間も関係するが、短時間とはいえ、ほぼ毎日のことなので、かなりの量を吸っていることになりそう。

記事では「ぜんそく」の原因になると書かれているが、もっといえば肺炎や肺がんのリスクも高まると思われる。
PM2.5の成分に、鉄、チタン、銅、亜鉛などの金属類が多く含まれているということだが、このうち酸化鉄(いわゆる錆)とチタンは発がん性の分類ではグループ3(確定ではないが可能性はある)に入っている。

PM2.5の曝露とは、ようするに大気汚染だ。
大気汚染と発がん性についても、最近では関連性があるとされている。
以下の資料は2013年発表のもの。

IARC:⼤気汚染 がんによる死亡の主要な環境要因

最も広範囲に分布する環境起因の発がん性物質

IARC モノグラフ部⻑のクルト・シュトライフ(Dr Kurt Straif)博⼠は、「私たちが呼吸する⼤気は、がん誘発物質の混合物に汚染されてしまった。」、「今や、屋外⼤気汚染は健康全般に対する主たる危険因⼦であるだけでなく、がんによる死亡 を誘発する環境要因であることが分かっている。」と述べている。

発がん性物質の百科事典とも呼ばれるIARCモノグラフ・プログラムは、発がん性物質や(発がん性物質への)曝露に関する科学的根拠を集めた権威ある情報源となっている。これまで、このプログラムでは、⼤気汚染において⽣じる個々の化 学物質や特定の混合物を数多く評価してきた。その中には、ディーゼルエンジンの排気ガス、溶剤、⾦属、ほこりも含まれる。しかし、専⾨家が屋外⼤気汚染をがんの要因として分類するのは今回が初めてとなる。

モノグラフ部⾨の副部⻑であるダナ・ルーミス博⼠(Dr Dana Loomis)は、「我々の任務は、特定の⼤気汚染物質に注⽬するよりも、誰もが呼吸している空気を評価することだった。」とし、「私たちがこれまでの研究を検証した結果は全て同じ⽅向を⽰していた。つまり、⼤気汚染に晒されている⼈々は、肺がんを発症する危険性が有意に⾼くなるというこ とだ。」と述べている。

この内容は、過去記事の
「タバコの煙」 vs 「車の排気ガス」、どっちがより有害か?
にも関連している。

屋外では排気ガスを吸い、地下鉄では電車由来のPM2.5を吸う私たちは、常に発がん物質にさらされていることになる。
電車は二酸化炭素を出さないから、環境に優しいとかいっていたのは誰だ?
二酸化炭素は出さなくても、PM2.5は出しているわけで、大気汚染の一因にはなっている。
こうなると、都会では逃げ場がないよね。

タバコの煙と比較すると……

PM2・5 たばこの煙にも 高濃度でがん、脳卒中リスク(1/2ページ) – 産経ニュース

 禁煙でない飲食店のPM2・5濃度はどの程度なのか。日本癌(がん)学会など18の学会でつくる「禁煙推進学術ネットワーク」が喫煙可能な喫茶店を測定したところ、平均同371マイクログラムと北京市の屋外と同レベルだった。分煙としてガラス壁で喫煙席が分離されていても、出入り口がエアカーテンの場合、禁煙席にも煙が流れ込み、同200マイクログラムを超えることが確認されている。

……ということで、地下鉄のPM2.5濃度が100μg/m3以上は、禁煙席の近くに匹敵する。
また、以下のようなデータもある。

日本の様々な飲食サービス業店内(車内)のPM2.5濃度

この分類によれば、100μg/m3以上は「危険」に該当する。
これは大変だ。
タバコを禁止するように、地下鉄も禁止しなくてはいけない。日本禁煙学会の方たちには、活動範囲を広げて地下鉄の撲滅にも頑張ってもらおう。

……ということには、ならないんだよね(^_^)。
タバコは悪者にしやすいが、排気ガスを出す車や、PM2.5の発生源の電車には、目をつぶる。
ご都合主義的なやり方に、胡散臭さを感じてしまう。

神経質にPM2.5を避けたいのであれば、普通のマスクではダメ。
効果が期待できるのは、国家検定DS2もしくはN95マスク。価格的には少々高めで、見た目も大仰ではある。
安価なマスクやサージカルマスクでは、PM2.5は防げない。

3M 使い捨て式防じんマスク 8205-DS2  国家検定合格品

DS2マスクの例

山本光学 YAMAMOTO 7500 N95マスク

N95マスクの例

インフルエンザの予防のためにマスクをするのは、ほぼ意味はないのだが、PM2.5に対しては効果は期待できる。
余談だが、インフルエンザの飛沫を回避するためには、目からの侵入を防ぐために、ゴーグルもしないと意味がない。

最近では、以前に比べてマスクをしている人は少なくなった。しかし、マスクをしている人の多くが、顔の側面や鼻の部分にすき間があるマスクをしていて、マスクの役目を果たしていない。
「それ、なんのためのマスク?」
と、いいたくなってしまう。

すき間から空気が入るようなマスクでは、PM2.5に対しても無意味。
ただ口と鼻を覆っているだけでは、顔を隠すだけの意味しかない。

PM2.5による健康被害は、長期にわたる吸引によって引き起こされる。
数十年にわたり都会で暮らしてきた人は、すでに影響が出ているか、これから出てくるのだと思う。
それはおそらく寿命にも影響する。
1950年以降に生まれた世代は、長生きしないと思うよ。

 

 

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア