労働時間については「労働基準法を厳密に守る会社は少ない 」でも書いた。
関連して、こんな記事。

Yahoo!ニュース – 読売新聞 – 少子化要因は育児世代の長時間労働…厚生労働白書

 白書によると、25~39歳で「週60時間以上」の長時間労働をしている人は、2004年には20%を超え、10年前より4ポイント前後が増えた。仕事以外の時間が足りない状況は、「少子化の一つの要因で、長期的にみて社会の活力を低下させる」と分析。労働者が仕事に偏った生活から解放され、仕事と家庭の調和がとれた状況「ワークライフバランス」の実現を求めている。

みんな働き過ぎなんだよね。
でも、そうでもしないと仕事にありつけないし、収入も十分とはいえないのが現実。

残業代が出る会社は、まだ良い方だ。
中小企業では、残業や休日出勤での無給は当たり前。

私や妻の会社もそうだ。
白書でそうした指摘をするくらいなら、労働基準法を守らない会社を罰したり取り締まったりすればいい。

法律を守っていなくても、監視することもなく、罰則もないのでは、ただの飾りだ。
会社には労働基準法を遵守しているかどうかの、報告の義務すらないのだ。
労働条件が悪いと裁判を起こせば、確実に勝てるが、そこまでしても職を失うのでは意味がない。

それでも現在の状態を受け入れなくてはいけないのは、そうでもしないと職にありつけないからだ。

収入ゼロか、長時間労働でいくらかの収入を得るか?……という選択を迫られれば、後者を選ぶしかない。
それが現実。

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn