Posts Tagged “発明”

『スター・トレック』新シリーズ『Star Trek:Discovery』はいつ見られる?

By |

『スター・トレック』新シリーズ『Star Trek:Discovery』はいつ見られる?

待望のStar Trekの新シリーズが、アメリカでは今年(2017年)に制作される。 そのトレイラーの第2弾が公開されている。 今回は、主役メカとなるディスカバリー号の勇姿。 時代設定は、最初のシリーズである「宇宙大作戦…

AIには意識を獲得するためのパーツがない

By |

 私のブログの過去記事でも書いてきたが、現在のAI(人工知能)は「人工知能」の呼ぶのが間違っている。性能が向上したコンピュータのリソースを膨大に使って、膨大な計算をしているにすぎない。そこにあるのは知能ではなく、適切と思…

タイプ2の宇宙文明からの信号か?

By |

「暗黒光子(ダークフォトン)」は存在するか?……に関連した話題。 なにやらSFが現実になりそうなニュースが続く。 宇宙文明の手がかりを電波で探ろうという研究は、SETIを始めとして行われてきたが、それがヒットしたかもしれ…

「芸術」は人工知能の得意分野になる

By |

「芸術」は人工知能の得意分野になる

昨晩のNHK「クローズアップ現代」では、人工知能による「芸術」について取り上げていた。 そこで問題提起されたのは、人工知能に芸術は作れるか?……ということだった。 進化する人工知能 ついに芸術まで!? – N…

「知性の壁」は超えられるか?

By |

「知性の壁」は超えられるか?

「野良ロボットは参政権要求をするか?」の続き。 前エントリの続きになるが…… ソフトバンクの孫社長が、株主総会で語ったこと。 Pepperが優れた経営判断をするようになったら、孫社長はどうする? – ITme…

AIが“ひらめき”を獲得するのはいつ?

By |

AIが“ひらめき”を獲得するのはいつ?

AI関連のコラム。 この記事は、私が思っていることに近かった。 記者の眼 – 人工知能がデザイン思考すると、人間は居場所や逃げ場所を失う:ITpro  そもそも私は、AIについては過小評価することにしている。…

今と未来の新語のいろいろ

By |

今と未来の新語のいろいろ

「未来の気候予測は間違いだらけ?」に続いて、「未来」の話。 未来といっても、現在進行形を含む近未来。 新しいテクノロジーや新しい価値観が次々と生まれるため、それに対する新しい単語も出てくる。 いわゆる「新語」 新語は廃れ…

日本人のTwitter好きは“異常”?

By |

 Twitterの成長は、日本のユーザーが支えているという。 「日本人のTwitter好きは“異常”」――Twitter、開発拠点を日本に新設 世界に活用法を提案 (1/2) – ITmedia ニュース  …

「平和が戦争の原因になる」という説

By |

「平和が戦争の原因になる」という説

安保法制を巡り、野党や反対派はこの法律が「戦争法案」であるとか「徴兵制の復活」と、やや飛躍しすぎな論調を展開している。 憲法との絡みから微妙な問題ではあるが、憲法は言葉としては曖昧な表現をしているため、そこに「解釈」の余…

安全保障法制の強行採決に見る政党政治の限界

By |

安全保障法制の強行採決に見る政党政治の限界

安全保障法制が強行採決された。 委員会の紛糾ぶりをテレビで見ていて、茶番劇だな……と思った。 野党は審議不十分といい、与党は十分に審議したという。 だが、たとえ200時間、300時間審議したといっても、同じことを言っただ…

1 / 3123
Go Top