Posts Tagged “人工知能”

人工知能(AI)よくある10の誤解の先には……

By |

人工知能(AI)よくある10の誤解の先には……

現在のAIブームは、かつてのパソコンブームと似ている。 パソコンが普及し始めた頃……1980年代後半〜 パソコンがあれば、なんでもできるような風潮が席巻した。当時のパソコンは、8ビットまたは16ビットの非力なコンピュータ…

AIには意識を獲得するためのパーツがない

By |

 私のブログの過去記事でも書いてきたが、現在のAI(人工知能)は「人工知能」の呼ぶのが間違っている。性能が向上したコンピュータのリソースを膨大に使って、膨大な計算をしているにすぎない。そこにあるのは知能ではなく、適切と思…

「芸術」は人工知能の得意分野になる

By |

「芸術」は人工知能の得意分野になる

昨晩のNHK「クローズアップ現代」では、人工知能による「芸術」について取り上げていた。 そこで問題提起されたのは、人工知能に芸術は作れるか?……ということだった。 進化する人工知能 ついに芸術まで!? – N…

「知性の壁」は超えられるか?

By |

「知性の壁」は超えられるか?

「野良ロボットは参政権要求をするか?」の続き。 前エントリの続きになるが…… ソフトバンクの孫社長が、株主総会で語ったこと。 Pepperが優れた経営判断をするようになったら、孫社長はどうする? – ITme…

野良ロボットは参政権要求をするか?

By |

野良ロボットは参政権要求をするか?

AIやロボット関連の話題が多くなった昨今。 人間に反乱するAIやロボットを、真面目に想定する人たちもいるのだが…… 徒党を組む〝野良ロボット〟が参政権要求、振り込め詐欺、人間に反乱…AIのリスク総務省研究所が報告 &#8…

AIが“ひらめき”を獲得するのはいつ?

By |

AIが“ひらめき”を獲得するのはいつ?

AI関連のコラム。 この記事は、私が思っていることに近かった。 記者の眼 – 人工知能がデザイン思考すると、人間は居場所や逃げ場所を失う:ITpro  そもそも私は、AIについては過小評価することにしている。…

今と未来の新語のいろいろ

By |

今と未来の新語のいろいろ

「未来の気候予測は間違いだらけ?」に続いて、「未来」の話。 未来といっても、現在進行形を含む近未来。 新しいテクノロジーや新しい価値観が次々と生まれるため、それに対する新しい単語も出てくる。 いわゆる「新語」 新語は廃れ…

JKなAIはセーラー服をまとう?

By |

前エントリの関連にもなるが…… 女子高生AIとして、LINEで稼働している「りんな」が、人気らしい。 その「りんな」は、中国製だと中国メディアが主張している。 サーチナ|女子高生AI「りんな」は中国育ち?・・・「人工知能…

年金機構は穴の空いたバケツ

By |

大きな穴の空いたバケツで、井戸の水は汲み上げられない。 大量の個人情報を流出させた年金機構は、穴の空いたバケツだ。いや、底のないバケツかも。 時事ドットコム:誤回答、全都道府県に=最多は東京の251人-年金機構  日本年…

“人工知能3原則”が提唱される

By |

人工知能は、ちょっとしたブームになっている。 むか~しの人工知能に対するイメージは、SFの領域だったが、現在の人工知能は人間に迫るか人間以上になれる可能性が現実的になってきた。 SFの世界には、SF作家アイザック・アジモ…

1 / 212
Go Top