Archive“ロボット・AI” カテゴリ:

中国のヒューマノイド「佳佳」に未来はあるか?

By |

中国のヒューマノイド「佳佳」に未来はあるか?

中国初のヒューマノイドだというAIロボットの「佳佳」なのだが…… 見た目だけは「先行者」からだいぶ進歩したようだ(^_^) 中国の未来を救う? ヒューマノイド「佳佳」に寄せられる期待 国際ニュース:AFPBB News …

韓国の二足歩行する人型有人ロボット「メソッド2」 だが……

By |

韓国の二足歩行する人型有人ロボット「メソッド2」 だが……

韓国が開発中という、人が搭乗する二足歩行ロボット「メソッド2」の記事なのだが…… はたして、実用化されるのだろうか? 動画:二足歩行する人間型有人ロボット「メソッド2」 韓国 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News…

人工知能(AI)よくある10の誤解の先には……

By |

人工知能(AI)よくある10の誤解の先には……

現在のAIブームは、かつてのパソコンブームと似ている。 パソコンが普及し始めた頃……1980年代後半〜 パソコンがあれば、なんでもできるような風潮が席巻した。当時のパソコンは、8ビットまたは16ビットの非力なコンピュータ…

AIには意識を獲得するためのパーツがない

By |

 私のブログの過去記事でも書いてきたが、現在のAI(人工知能)は「人工知能」の呼ぶのが間違っている。性能が向上したコンピュータのリソースを膨大に使って、膨大な計算をしているにすぎない。そこにあるのは知能ではなく、適切と思…

「芸術」は人工知能の得意分野になる

By |

「芸術」は人工知能の得意分野になる

昨晩のNHK「クローズアップ現代」では、人工知能による「芸術」について取り上げていた。 そこで問題提起されたのは、人工知能に芸術は作れるか?……ということだった。 進化する人工知能 ついに芸術まで!? – N…

ソニーのロボット再参入は「落ち穂拾い」か?

By |

ソニーのロボット再参入は「落ち穂拾い」か?

「知性の壁」は超えられるか?……に関連して。 ソニーがロボット分野に再参入するというニュースが流れたのは、6月29日のこと。 一部のソニーファンから、かつてのAIBOやQRIOの再来を期待する声も上がっているが…… 私の…

「知性の壁」は超えられるか?

By |

「知性の壁」は超えられるか?

「野良ロボットは参政権要求をするか?」の続き。 前エントリの続きになるが…… ソフトバンクの孫社長が、株主総会で語ったこと。 Pepperが優れた経営判断をするようになったら、孫社長はどうする? – ITme…

野良ロボットは参政権要求をするか?

By |

野良ロボットは参政権要求をするか?

AIやロボット関連の話題が多くなった昨今。 人間に反乱するAIやロボットを、真面目に想定する人たちもいるのだが…… 徒党を組む〝野良ロボット〟が参政権要求、振り込め詐欺、人間に反乱…AIのリスク総務省研究所が報告 &#8…

筋骨格ヒューマノイド「腱悟郎」に“攻殻”の未来が見える

By |

筋骨格ヒューマノイド「腱悟郎」に“攻殻”の未来が見える

モーターを使わない筋骨格ヒューマノイドを開発しているというニュース。 まだまだ研究段階だが、この技術の未来は「攻殻機動隊」の「擬体」に通じているように思う。 人間の骨格と筋肉を再現したヒューマノイド。見た目のインパクトは…

AIが“ひらめき”を獲得するのはいつ?

By |

AIが“ひらめき”を獲得するのはいつ?

AI関連のコラム。 この記事は、私が思っていることに近かった。 記者の眼 – 人工知能がデザイン思考すると、人間は居場所や逃げ場所を失う:ITpro  そもそも私は、AIについては過小評価することにしている。…

1 / 41234
Go Top