Archive“書籍” カテゴリ:

ゾンビがブーム?

By |

ゾンビがブーム?

ゾンビブームなのかどうかは疑問なのだが、ゾンピに眉をひそめることなく浸透しているとはいえるのかもしれない。 現代の死生観の歪みのような気もするが…… 襲われたい?ゾンビがブーム VRに小説、イベント続々:朝日新聞デジタル…

「人生に、文学を。」 VS. 「人生に、アニメを。」

By |

「人生に、文学を。」 VS. 「人生に、アニメを。」

面白ネタを。 日本文学振興会の広告「人生に、文学を。」が「アニメを馬鹿にしているのでは」と物議 意図を聞いた – ねとらぼ  日本文学振興会による広告「人生に、文学を」に批判が寄せられています。「文学を知らな…

「国に届け」は「自民党に届け」の間違いでは?

By |

「国に届け」は「自民党に届け」の間違いでは?

ネタとしてはちょっと古いが、自民党のパンフ「国に届け」のマンガについて。 参院選が近くなったことで、再び注目を集めているようなのだが…… 女子をバカにしている! 自民党のパンフ「国に届け」炎上 「『君に届け』のパクりでは…

Amazon、新品書籍の安売り解禁?

By |

Amazon、新品書籍の安売り解禁?

再販制度(再販売価格維持制度)によって守られてきた書籍の価格。自由競争には反する制度だが、出版業界はこの制度に甘えてきた。 販売価格を販売業者が自由に設定できるのが、本来の姿。かつては、家電製品なども「定価」というのがあ…

「しょうがくせいのこくご 一年上」のイラストに深刻な誤り…の画像

By |

「しょうがくせいのこくご 一年上」のイラストに深刻な誤り…の画像

誤植ならぬ「誤絵」の記事。 腕が3本あるイラストが問題に 三省堂が教科書自主回収へ – ねとらぼ  三省堂の小学1年生用の国語教科書「しょうがくせいのこくご 一年上」のイラストに深刻な誤りがあったことが発覚。…

祝!『機械人形 ナナミちゃん』単行本発売

By |

祝!『機械人形 ナナミちゃん』単行本発売

過去記事の「出版社でボツになったマンガを独自に公開する作家に注目」で取り上げた作品が、単行本として発売されることになったそうだ。 某出版社でボツになった『機械人形 ナナミちゃん』、単行本1巻が発売 – ねとら…

出版社でボツになったマンガを独自に公開する作家に注目

By |

ネット時代ならではの売り込み方法だと感心した。 ネーム600ページ描いたけど出版社でボツになったので……そんなSF漫画がネットで公開 – ねとらぼ  「機械人形ナナミちゃん」というSF漫画がニコニコ動画やYo…

ネット上にリアルな本棚を再現したネット書店が古くて新しい

By |

ネット上にリアルな本棚を再現したネット書店が古くて新しい

電子ブックがなにかと話題になるが、紙の本の魅力がなくなったわけでもない。 「本屋」という独特な空間で、本を探す楽しみは、本好きの醍醐味だ。 本は本でも、「古本屋」はまた違った雰囲気がある。最近は足が遠のいているが、昔は古…

出版社は自社の出版物に対する著作権にはうるさいが、他者の著作権には甘い

By |

出版社は自社の出版物に対する著作権にはうるさいが、他者の著作権には甘い

またまたネット画像をトレースした著作権侵害の疑惑。 出版社も著者も、他者の著作権にはルーズなんだよね。 「昆虫交尾図鑑」はネット画像の模写? 出版社「昆虫をリアルに描けば似るのは当然」と侵害否定 – ITme…

「黒子のバスケ」脅迫事件を推理する

By |

 「黒子のバスケ」のアニメ第2期が始まって、毎週楽しみにしているのだが、かねてより問題になっていた脅迫事件も再燃している。 「黒子のバスケ」TSUTAYAから全商品撤去へ レンタル・販売中止に → 「事実です」 &#82…

1 / 512345
Go Top