クローン猫はリペットにならず


 アーノルド・シュワルツェネッガー主演の映画「シックス・デイ」では、クローンがテーマとなった作品だった。
 その中に出てきたのが、ペットのクローン「リペット」
 しかし、現実ではまだまだクローン技術は未熟なようだ。
asahi.com:クローン猫売れず、廃業へ 米企業「毛の模様が違う」?-?国際

 同社は00年に設立され、飼い猫を亡くした愛猫家らに、クローン技術を使って元の猫のDNAからクローン猫を誕生させて届けていた。計5匹誕生させたが、実際に販売できたのは2匹だけだったという。同じDNAを引き継いでいても、毛の模様は本物と同じにはならず、こうしたことも需要が伸びなかった一因とみられる。

 模様が同じにならないというのが、興味深い。
 その原因を解明してほしいものだ。
 DNAは細胞ごとに完璧に同じではないということなのか、それともコピーでエラーが発生したのか?
 とはいえ、

クローン猫は1匹3万2000ドル(382万円)

では、縁のない話だ。
シックス・デイ デラックス版

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア